ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

堂安律、低空ミドル突き刺し今季8点目。チームは4試合ぶり白星で残留に前進

4/15(日) 23:23配信

フットボールチャンネル

【フローニンゲン 2-1 ローダ エールディビジ第31節】

 現地時間15日に行われたオランダ・エールディビジ第31節でフローニンゲンはローダをホームに迎え、2-1で勝利した。堂安律は先発出場し、今季8点目となるゴールを決めている。

【動画】本田圭佑、実は200ゴール決めていた!?知られざるプライベートにも迫る!

 14位フローニンゲンと16位ローダの一戦。順位ではフローニンゲンが上だが、ここ3試合勝利がないのは気になるところ。一方のローダは、残留争いの真っただ中だが、3連勝で調子を上げている。

 このローダの勢いを止めたのは、堂安だった。15分、右サイドからの横パスをペナルティエリア手前で受けた堂安は、左に持ち出してDFを外してミドルシュート。素早く振り抜いた左足の低いシュートは、ゴール左隅に決まった。

 49分に2点目を奪ったフローニンゲンは、その後1点を返されるが、逃げ切りに成功。4試合ぶりの勝利で残留に一歩前進している。

【得点者】
15分 1-0 堂安律(フローニンゲン)
49分 2-0 ドロスト(フローニンゲン)
70分 2-1 クム(ローダ)

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)