ここから本文です

ゆとり教育の申し子 「ネコ型新人」こそ時代を切り拓く

4/16(月) 7:00配信

NEWS ポストセブン

 近ごろの新入社員の特徴を聞かれ、「マイペースで会社への忠誠心や同僚との協調性に欠ける」と愚痴をこぼす上司は多いだろう。だが、自由奔放で自発的に行動できる新人を“ネコ型”と呼び、これからの時代に必要な人材だと指摘する向きもある。『「ネコ型」人間の時代──直感こそAIに勝る』(平凡社新書)を上梓した同志社大学政策学部教授の太田肇氏だ。

 * * *
 気が向いた仕事にはのめり込むが、興味がなければやろうとしない。調子に乗ると先輩やお客さんにもタメ口で話し、周りをハラハラさせる。上司や同僚が忙しそうに働いていてもお構いなく定時に帰る。入社早々、友人と旅行に行くからと有給休暇を申請してくる。けれども頭の回転は速く、けっこう仕事ができる。派閥争いには加わらず、いつもマイペースだが意外と人に好かれる──。

 組織への忠誠心や協調性には少々欠けるものの、感性や直感が鋭く、行動力・瞬発力がある。そういうタイプの人を、私は「ネコ型」人間と呼んでいる。いわゆる「ゆとり教育」を受けた若者のなかから、かつての「新人類」や「オタク族」、「宇宙人」などとは一味違う「ネコ型」の新人が続々と誕生し、異彩を放っている。

 良きにつけ悪しきにつけ、これまでの枠にはまらない彼らをどう扱ったらよいか、戸惑っている人も多いのではなかろうか。 

◆出番を失った「イヌ型」

 日本の企業社会ではこれまで組織や上司に忠実で、しっかり序列を守る「イヌ型」人間が求められ、重用されてきた。それに対し「ネコ型」人間は歓迎されず、組織のなかでも傍流に追いやられるのが常だった。伝統的な工業社会、安定した経営環境のもとでは、それはやむをえなかった。

 ところが急速なIT化により、状況が一変しつつある。

「イヌ型」は決まった仕事は着実にこなし、命じられたことは忠実に守るが、自分で判断して行動することは苦手だ。そのため、想定外の事態に対処できない。

 いまやオフィスでも、製造や販売の現場でも、決まったとおりの仕事は大半が機械やコンピュータに取って代わられようとしている。人間の出番は「想定外」の事態が起きたときだけ、といっても過言ではない。その結果、「イヌ型」は活躍の場を失ったのだ。

1/2ページ