ここから本文です

二宮和也と伊藤綾子の半同棲現場撮!彼女の執念で「本気モード」突入

4/16(月) 21:00配信

週刊女性PRIME

頻繁に出入りする伊藤の姿

 ただ、デートはもっぱら二宮の自宅マンションの一室。伊藤は食事を作ったり部屋の掃除をしたりして、多忙な彼をサポートしていた。

「交際が発覚すると二宮さんのファンが激怒。彼女のブログに二宮さんとの交際をうかがわせる写真や記述があったのを見つけたんです。交際をひけらかしていると思ったファンがSNSで一斉に彼女をバッシングしました」(ワイドショー関係者)

 批判が殺到し、伊藤の仕事にも影響が及ぶ。

「番組あてにファンから苦情の電話やメールが押し寄せました。スタッフは頭を悩ませていましたね。伊藤さんは『every.』を卒業しましたが、実質的には降板せざるをえなかったということでしょうね」(日本テレビ関係者)

 伊藤にとっては、仕事を続けるよりも二宮との関係を優先することが大切だった。仕事を辞めたことで、彼と会いやすくなったのは間違いない。ふたりの“愛の巣”となっている二宮の自宅マンションを訪れると、伊藤が頻繁に出入りしている様子がわかった。

 4月上旬の昼下がり、二宮の事務所の送迎車がやってきて、マンションの地下駐車場の中へ。10分ほどして二宮が車に乗って仕事へ出かけていった。その2~3時間後、マンションのエントランスから伊藤が出てきた。

 ベージュのジャケットに紺色のロングスカートを合わせ、ヴィトンのトートバッグを提げていた。大きめのマスクをして周囲を警戒しながら、徒歩で最寄りの駅へと向かった。

 その4日後、またしても夕方になってエントランスに現れた伊藤は、前回と同じジャケットに水玉模様のワンピースという服装で大通りまで歩いてタクシーに乗った。

 伊藤はその翌日の夕方にも外出。紺色のジャケットに薄いピンク色のロングスカートといういでたちで徒歩5分ほどのリカーショップへ。ときどき周囲を見回しながら酒を何本か購入すると、小走りで大通りに向かい、タクシーに乗り込んだ。

「伊藤さんは二宮さんのマンションで同棲しているといってもいい状態のようです。事務所を辞めて時間がありますから、できるだけ彼に寄り添ってサポートしているのでしょう」(芸能レポーター)

 これまではマンションからふたりで出ることはなかったが、最近は夜になると近所の居酒屋で会っているという。

2/3ページ

最終更新:4/16(月) 21:36
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」6/5号

特別定価410円(税込)

「週刊女性PRIME」では「週刊女性」本誌の一部記事のほか「週刊女性PRIME」独自の記事を読むことができます。