ここから本文です

「だまされた!!」の声続出!長澤まさみ主演『コンフィデンスマンJP』にハマる理由

4/16(月) 18:05配信

ザテレビジョン

長澤まさみが主演を務める月9ドラマ「コンフィデンスマンJP」(毎週月曜夜9:00-9:54フジテレビ系)に、注目が集まっている。

【写真】長澤まさみ、シースルー素材のチャイナドレス姿も艶やかな“中国人女優”に!

4月9日に放送された第1話は、「だまされた!」「楽しい!」などSNSがおおいに盛り上がり、WEBサイト「ザテレビジョン」が集計する9日付「視聴熱※」デイリーランキングでは10143ポイントを獲得。2位以下を大きく引き離し、ドラマ部門1位に輝いた。(※視聴熱=SNSや独自調査を集計、今熱い番組・人物・コトバからテレビの流行に迫る新指標)

主演・長澤まさみが変幻自在の天才信用詐欺師を演じることでも話題の「コンフィデンスマンJP」。そこには、詐欺の標的になる豪華ゲスト、さまざまな場所で行われるロケなど多くのこだわりが詰まっていた。

■ 長澤まさみの豪華だまし変化に注目!

「コンフィデンスマンJP」は、古沢良太が脚本を務める痛快コメディー。長澤まさみと東出昌大、小日向文世は詐欺師を演じ、華やかな世界の欲にまみれた悪徳大富豪から大金をだまし取っていく。

信用詐欺師・ダー子(長澤)は、潜入する業界に合わせた扮装で、ターゲットを欺く。ダー子を支える仲間は、真面目な小心者の信用詐欺師・ボクちゃん(東出)と、同じく信用詐欺師で変装の達人・リチャード(小日向)の二人。

毎回、異なる業界を舞台に詐欺計画を実行する本作で、ダー子(長澤)ら3人は、多様なキャラクターにふんして登場する。中でも長澤は、セレブバイヤー、メガネ仲居、中国人女優、くノ一…と20パターン以上の扮装に挑戦しているという。

プロデューサーの草ヶ谷大輔氏は、「ご自身からも『こういう髪形やメークにしたい』とアイデアを出していただいています。ドラマの中で20人以上のキャラクターになりますが、一つとして同じキャラクターがいないんです! 

声、話し方、目線、表情、声のトーン、話す速さ、姿勢、あらゆることが違います。なかなかこんなに引き出しのある方はいない。“長澤まさみの真骨頂”ですね」と絶賛!

■ 海外じゃないの!?ロケ場所にも“だまし”あり!

連続ドラマの概念を覆すほどのスケールで描かれる本作。時には、日本国内での撮影を海外と思わせる演出も。

草ヶ谷Pは「第1話で登場したフィリピン・マニラのシーンでは、制作部が日本国内で川沿いの釣り宿のデッキを見つけて、国旗やフィリピン人のエキストラさんを用意しながら現地の雰囲気を出しました。空港でのシーンも、外国人の方や異国のポスターを駆使して表現しました。セットへの苦労は大きかったですね」と舞台裏を明かす。

そして詐欺のターゲットとして“だまされる”ゲスト陣も豪華!第1話には“日本のゴッドファーザー”と呼ばれる経済ヤクザ役で江口洋介が出演したが、第2話で収賄や談合などに手を染める冷徹なリゾート会社の社長として吉瀬美智子が、さらに第3話には美術品を高く売りさばく美術評論家役で石黒が登場するなど、今後も豪華ゲストが続々登場。くせ者ぞろいの悪役たちがダー子らによって痛快にだまされる姿は見もの!

多種多様な“だましっぷり”で視聴者を楽しませる新感覚ドラマ「コンフィデンスマンJP」。だまされるのがクセになるかも?

■ ダー子が悪徳業者をこらしめる!2~3話あらすじ

4月16日放送の第2話では、詐欺師を辞めようとしたボクちゃんが老舗旅館・旅亭すずやで働き始める。しかし、すずやは、大手リゾート開発業者の桜田リゾートに不当な査定額で買収されようとしていた。ボクちゃんは、ダー子に桜田リゾートから大金をだまし取りたいと相談。ダー子は桜田リゾート社長・桜田しず子(吉瀬)への接近を試みる。

4月23日放送の第3話では、美術評論家である一方、その鑑定眼を悪用して私腹を肥やしている悪徳美術商・城ヶ崎善三(石黒)をターゲットにする。(ザテレビジョン)

最終更新:4/20(金) 17:17
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン30号
7月18日

定価:370円

あわせて読みたい