ここから本文です

9年で7回リーグ制覇、22試合あたり1冠…名将ペップの驚異的実績

4/16(月) 18:01配信

フットボールチャンネル

 現地時間15日に行われたプレミアリーグ第34節の試合で、2位のマンチェスター・ユナイテッドは最下位ウェスト・ブロムウィッチに0-1で敗戦。この結果、首位マンチェスター・シティの今季リーグ優勝が決定した。

【動画】史上最悪!?のオウンゴールがオセアニアで誕生

 シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督にとっては就任2年目でのプレミアリーグ初優勝。今季のカラバオ・カップ(リーグカップ)に続いてシティで2つ目のタイトル獲得となった。

 2008年にバルセロナの監督に就任してトップレベルでの監督業をスタートさせて以来、グアルディオラ監督は驚異的な成功を収めてきた。バルサでは4年間でリーガエスパニョーラ優勝3回。続いて2013年に就任したバイエルン・ミュンヘンでは3年間でブンデスリーガ優勝3回。シティも含めて9シーズンで7回のリーグ優勝を成し遂げている。

『ユーロスポーツ』などが伝えるところによれば、プレミアリーグの歴代優勝監督の中で、欧州5大リーグのうち3ヶ国以上のリーグで優勝を経験した監督はわずか3人目。他にはジョゼ・モウリーニョ監督がイングランドとスペインとイタリア、カルロ・アンチェロッティ監督がイングランド、イタリア、ドイツ、フランスの4ヶ国で優勝している。

 国内リーグ以外も含めると、グアルディオラ監督はバルサでの2回のチャンピオンズリーグ優勝など、9シーズンで合計23個のタイトルを獲得している。指揮を執った試合数は計516試合であり、実に平均約22試合あたり1個のタイトルを獲得していることになる。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ(9月19日)