ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

発売間近!! 新生カローラハッチバックにヒットの予感!!!!

4/17(火) 6:31配信

ベストカーWeb

 今年発売予定のトヨタ車のなかで最注目車というとやはり6月のクラウンではあるが、しかしそれと並んで現場のディーラーマンの期待値が大きいのが「カローラハッチバック(仮)」。「仮」というのは、オーリスの後継車でありながら正式車名がまだ明らかになっておらず、とはいえカローラ店扱いなのは間違いないところから、便宜上このように呼んでいる。

 トヨタの世界戦略車としてまずは欧州、次に北米と披露され、いよいよ日本版が今夏登場するわけだ。これまで明らかになった情報を統合すると、パワートレインも新開発技術がふんだんに盛り込まれるもよう。さらに「隠し玉」もあるという。

 そんなデビューが楽しみな新生カローラハッチバック(仮)、現時点で判明している情報を中心に紹介していく。
文:ベストカー編集部
ベストカー 2018年4/26号「夏が来る 新車も来る!! TOYOTA新車2連発」より

■サイズも判明!! たっぷり3ナンバーボディ

 3月8~18日開催のジュネーブモーターショーには「オーリス」として欧州仕様が、3月30~4月8日に開催されたニューヨークショーには「カローラハッチバック」として、トヨタの世界戦略車が発表された。

 日本市場では「オーリス」と呼ばれ、発売は「今夏」と公式にアナウンスされたモデルだ。車名は北米仕様と同じく「カローラハッチバック」あるいは「カローラスポーツ」という名称となり、カローラ店扱いとなる(現行型オーリスは3月20日時点で販売終了し公式サイト閉鎖)。

 TNGAに基づくプラットフォームが採用された新型。先代より40mm長くなった全長と、同じく先代比で約25mm低められた全高により、クリーンで魅力的な外観となった。また、40mm伸びた全長はホイールベースの延長分であるため、居住性も大きく向上されている(ここまでは欧州仕様発表時に公表)。

 カローラの名が付いているとはいえ、元がオーリスなので全幅は1700mmを超える。現行オーリス同等の1760mmほどになるだろう。

 なお北米仕様の「カローラハッチバック」は全長4370×全幅1790×全高1435mm、ホイールベース2640mmという数値が公開されている。

 ベストカーでは次期型カローラに関し「今度のカローラは3ナンバーになる」という情報を早くからつかんでいたが、それはこのカローラスポーツと呼ばれることになる新型オーリスのことだったのだ。

1/2ページ

最終更新:4/17(火) 6:31
ベストカーWeb