ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

さまぁ~ず大竹一樹、名門私立小入学式での記念撮影でメガネ外す

4/17(火) 17:00配信

週刊女性PRIME

 すでに桜は散ってしまった4月上旬の朝、都内の名門私立小学校の入学式に姿を現したのは、お笑いコンビ『品川庄司』の庄司智春と藤本美貴夫妻。2人とも濃紺のスーツでシックに決めていた。

【写真】大竹ノーメガネの瞬間

「上品で悪目立ちしない、入学式のお手本のようなファッションでしたね」(式に参加した保護者)

 彼らは、長男を小学校受験に強い都内の私立幼稚園に通わせていた。

「その幼稚園では、子どもが人の話を聞いて、指示を理解できるように指導してくれるので、小学校受験に必要な作法が自然と身につくんです。ほかにも有名人のお子さんが多く通っていますよ」(幼児教室関係者)

 庄司は学校に向かう道すがら、スマホで真新しい制服姿の長男をパチリ。息子を見つめる庄司は、本当にうれしそうだった。

 入学式の受付の列に並ぶと、彼らの前を通りかかったのが6歳になる長男が入学したお笑いコンビ『さまぁ~ず』の大竹一樹とフリーアナウンサーの中村仁美夫妻。こちらも全身濃紺で統一した上品な装いだった。

「庄司さんは偶然出会った大竹さんにとても驚いた様子でした。お互いニンマリ顔で会釈していましたよ(笑)」(前出・式に参加した保護者)

 大竹は長男を生後3か月で脳科学を使った指導をする幼児教室に通わせるほど教育熱心。昨年の夏には、小学校受験の親子模擬試験に参加する姿も見かけられている。

「大竹さんの表情は硬くて、緊張した様子でしたが、庄司さんと会って少しほぐれたみたいです。奥さまとにこやかに話しながら、受付の列に並んでいました」(同・式に参加した保護者)

 お昼過ぎに入学式が終わると先に出てきたのは庄司・藤本夫妻。次に予定があったのか、足早に帰っていった。

 それから15分ほど遅れて現れた大竹・中村夫妻は、小学校の名前が書いてある校門前での記念撮影の列に並んだ。ふと大竹を見ると、いつもとは違う印象─。

「特別な記念写真だからなのか、トレードマークである眼鏡ははずしていました」(式に参加した別の保護者)

 大竹はテレビではあまり見せたことのない朗らかな笑顔で家族と記念撮影。中村とその写真をチェックしながら、帰路についた。

 努力のすえ“勝ち組”となった2人の芸人パパ。思わず“ドヤ”った笑顔がこぼれてしまったのもうなずける!!

最終更新:4/17(火) 17:00
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」5月1日号

定価390円(税込)

「週刊女性PRIME」では「週刊女性」本誌の一部記事のほか「週刊女性PRIME」独自の記事を読むことができます。