ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

前川喜平さん、数学必修を外すのは亡国政策です

4/17(火) 6:00配信

JBpress

 文部科学省の元事務次官、前川喜平さんの一連の勇気ある言動に私は好感を持っており、何かのレジームチェンジで彼が文部科学大臣に任用されたら、日本の教育はずいぶん良くなるのではないか、と思っていました。

 しかし、週刊東洋経済で目にした対談記事を目にして、もし本当ならこの見解に留保をつけねばならないかもしれないと思い始めています。

 記事によると、貧困の元凶の1つである「高校中退」を防止するのが重要という論旨の中で「中退をなくすには数学の必修を廃止するのがよい」との発言がありました。

 私は、そのようには思いませんし、そのような考えの人物が文部科学大臣に就任などした日には、破壊的なことになるのは目に見えていますので、問題の所在と対案を含め、建設的に考えてみたいと思います。

 まず教育崩壊の現状から考えてみます。

■ リメディアル教育に追われる大学教員たち

 値引きのない現実から直視していきましょう。高校中退は確かに問題でしょう。しかしことは行政の問題です。

 中退率を見てみると、平成8-13年度にかけての中退率がピークで2.5%程度、そののち2%程度で推移し、平成23年度以降のは1.6%程度と減少の一途をたどっているようです。

 もし違う統計、より詳細な数字をご存知の方がありましたらご教示いただければ幸いです。要するに、中退者はピーク時でも3%もいない。97%が「普通に高校を卒業している」ことになっている。

 現状では98.5%ほどが卒業、1.5%の中退者をなくすために全員必修の数学に手をつけることが国の教育政策として必要か、また有効か、と考えなければなりません。

 そこで、現実に高校を「卒業」したはずの学生生徒の学力の現実に目を向けてみると・・・。

 偏差値という数値を私は好みませんが、これで分類した際に30~40台にクラス分けされる大学では「リメディアル教育」を盛んにやっているところが少なくない。

■ リメディアル教育とは何か? 

 年齢と身分こそ大学生ですが、小学校で習う基礎科目の内容ができていない。小数分数の計算ができない。基本的な漢字の読み書きに難がある・・・。

 ゲームやネット、スマホの普及との相関は分かりませんが、ワープロを使うようになってから面倒な漢字で細部を思い出せない学生が増えたのは正直な印象です。

 ともかく、小学生レベルの基礎学力が低い大学生が現実にけっこうな数存在し、これを何とかしないと、就職率と露骨な相関があって、少子高齢化の中、学校の存続にかかわるという事態が起きているようです。

 ここで問題なのは、大学で教えるとしても、小数分数の計算や漢字書き取りの補習には、本来の「卒業単位」など、まともには出せない、出しにくい現実です。

 大学教員が生課として、大学生に教える内容ではないわけで、下手をすると若手専従教員の「ブラック超過勤務」の温床として、この「リメディアル」科目が、足を引っ張っている危険性もある。

 やや留保した表現にしているのは、そういう統計は存在しないし、微妙な話題ですから表に出てきにくいからです。しかし、現実に私は複数そういう露骨なケースを身近に見ており、極めて残念な日本の現実と認識しています。

 つまり、高校数学が必修といっても、現実には卒業して大学に進んでいるはずの連中が小学校の算数もできていない、空洞化の現実は否みようもない。

 果たしてこんな状況の中、高等学校の数学必修をやめてしまったら、いったいどういうことになるのか? 

 仮に数学必修をやめたことで、1.6%程度の中退者を1.5%程度に減少させることに成功したとしましょう。

1/3ページ

最終更新:4/17(火) 7:25
JBpress

記事提供社からのご案内(外部サイト)

JBpress PremiumはJBp
ressが提供する有料会員サービスです。
新たな機能や特典を次々ご提供する“進化
するコンテンツ・サービス”を目指します。