ここから本文です

新入社員が呆れるモンスター上司の言動集「酒を飲めない=”ゆとり”と罵倒された」

4/17(火) 9:00配信

週刊SPA!

 新人研修や所属部署の歓迎会……新入社員たちが「さっそく社内でヤラかした」と世間では話題になっている。つい先月までは大学生だった新人たちが社会の洗礼を受けて戸惑う姿を見て、「モンスターだ」と笑い者にするのは簡単だ。

 とはいえ、そもそも常識が異なることを忘れてはならない。時代は進み、新入社員からすれば、非常識なのは私たちのほうではないか……? 今回は彼らが感じた上司のモンスターっぷりを紹介したい。

◆無意味な飲み会や残業を強要する上司こそモンスター?

「馬鹿かお前! どんだけ“ゆとり”なんだ? 飲めなくても、乾杯して一口くらいは口をつけるもんだぞ……」

 今年4月から、都内の大手保険会社で営業マンとして働く本間さん(23歳・仮名)は出会って2日目のオッサンからなぜここまで偉そうに、上から目線で罵倒されなければならないのかと戸惑った。酒が一滴も飲めない体質で、居酒屋での「新人歓迎会」を辞退する旨を申し出たところ、冒頭のようになじられたのだ。

「会社のホールで開催された歓迎会には参加していたし、部署の飲み会は“自由参加”と言われていたので。結局、飲酒を強要されるだけでなく、朝まで連れまわされて、翌日は遅刻してしまいました」(本間さん)

 上司たちはちゃっかり会社の近くのビジネスホテルに泊まり、飲み会終わりに一人放り出された本間さん。遅刻したことで上司たちからは説教を受けたが、同僚からは憐みの目で見られた。

「行きたくない飲み会に強制的に参加させられただけなのに……。仕事以外のことで低評価をつけられて、理不尽でしかありません」(本間さん)

 飲み会の強要とくれば、こちらも新社会人にとっては大迷惑な違法サービス残業を強いる上司。神奈川県内の大手通信会社に勤務する新社会人・峰岡さん(22歳・仮名)の訴えだ。

「うちは早番と遅番のシフトですが、早番の時はさっさと帰るくせに、遅番シフトの時は部下を無駄に居残りさせようとする上司がいます。二言目には『俺が若いころは』といって、長時間労働を強いられますが、仕事があるはずもなく、ただただ自慢話や説教を聞かされるだけ」(峰岡さん)

 政府が音頭を取って「働き方改革」などと叫ばれているが、新社会人たちの多くが「改革など程遠い」職場の状況を目の当たりにしているのが現実。峰岡さんの上司の場合は、そこに単なる身勝手も加わっているから余計にタチが悪い、と言ったところか。

 そして強いられるのは、飲み会や残業だけではない。都内の金融機関で働く松本さん(22歳・仮名)は語気を強める。

「ランチに1000円の弁当はきつい、などと同僚と話していると『お前ら新人は貧乏人だから』とちゃかしてくる上司がいるんですが。家や車のローンでいっぱいいっぱい、あまり仕事もできないからか給与も低いともっぱらの噂で、タバコをやめた、と言いつつ喫煙所に来ては僕らにタバコをたかるんです。日に2~3本たかられることもあります。飲み会の時だってたった1000円多く払っただけなのに『俺が払ってやった』とでかい顔。帰り際には『タクシーで帰りたいから1000円貸せ』と。もちろんその1000円は返ってきません」(松本さん)

 そして、極めつけはやはり「セクハラ」。

「いやに私をほめてくれるから、最初は認められている、などと思いましたが……」

 都内の大手化粧品会社に入社したミユキさん(23歳・仮名)は、直属の上司から何をしても褒められた。一方、ミユキさんをダシにして、同僚男性のMさんを常に叱っている。しかしミユキさんができて、M君ができない、といったことではなかった。

「M君が仕事ができないから対策を練ろう、と飲みに誘われましたが、夜景のきれいなバーに行こう、近くのホテルに泊まろうと誘われて……。結局その上司は、いろんな若い女のコを褒めて、同僚の男性を馬鹿にして、女性の人気を得ようとしているだけの人だったんです。社員でかわいい女性には甘く、派遣のパッとしない人には厳しいと評判です。化けの皮がはがれたというか、最低の男です」(ミユキさん)

 常識のない新人を「モンスター新人」などと笑ってばかりはいられない。社会経験の乏しい若者から「人間として終わっている」と見下される「モンスター上司」たちは、長年そのスタイルでやってきただけあり、プライドも無駄に高く、もはや社会に適応できないレベルであることも多いのだ。

  冒頭の本間さんが言う。

「飲み会に参加しなかっただけで人間を判断するような上司にだけはなりたくありません。若いやつ、ゆとりと言われても結構ですが、僕は仕事をするためにこの会社に入りました。馬鹿な人たちにあれこれ言われて、本質を見失わないように頑張りたいです」(本間さん)

 最近、スポーツや文化界における若者の活躍に注目が集まっているが、彼らはかつて「ゆとり」だの「さとり」だの言われて、世間から徹底的に馬鹿にされてきた世代でもあった。これまで見下されていた新人たちが、勇者のように「モンスター上司」たちを駆逐する日も近い!?<取材・文/山口準>

― モンスター新入社員録 ―

日刊SPA!

最終更新:4/17(火) 13:07
週刊SPA!

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊SPA!

扶桑社

2018年5月29日号
05月22日発売

¥420

・中年男(オジサン)の30年史
・W杯日本代表がロシアで勝つ方法
・京大「立て看板」強制撤去を追う
・「純愛おじさん」事件簿