ここから本文です

社会人2年目から使える「学んでお金が戻る制度」

4/17(火) 5:00配信

日経ウーマンオンライン(日経ウーマン)

 世の中は新入社員の話題があふれていますが、この時期、社会人2年目になった人に朗報です。2年目になったからこそ使えるお金の制度があるのです。それは、「教育訓練給付金」という制度。

【関連画像】合格が条件ではないため、一度で合格しないような難しい試験にもトライできる (C)PIXTA

●どんな制度なの?

 この「教育訓練給付金」という制度は2種類あります。今回は「一般教育訓練給付金」についてお話しします。この制度は、雇用保険を納めている人(または納めていた人)で一定要件を満たした場合に、利用できます。雇用保険を納めた期間が1年以上ある人が利用できるため、社会人2年目の人は、この春、利用することができるようになったというわけですね。

 この制度を使うと、資格取得や勉強にかかった費用の2割、最大10万円(給付額が4000円以上の場合に給付)を、雇用保険から後日受け取ることができます。

 例えば、あなたがファイナンシャル・プランナーの資格を取ることにしたとしましょう。ある学校の2級ファイナンシャル・プランニング技能士講座を受講するには10万円かかります。資格学校の申し込み時にいったん10万円を払いますが、講座修了後に手続きをすると、後日、教育訓練給付金として、2万円が自分の口座に振り込まれます。つまり、受講料は実質8万円!

 雇用保険料は毎月の給料から納めていますので、せっかくならお得に賢くスキルアップしたいですよね。

対象となる「教育訓練」とは?

 対象となる「教育訓練」の種類は、実はとても幅広いで種類が用意されています。受講の形式も、通学から通信教育までありますから、仕事とプライベートの両立を考えて、受講スタイルを選ぶことができます。対象となるものかどうかは、資格学校などに直接確認する他、教育訓練給付制度のサイトで検索することもできますよ(記事末を参照)。

<事務・語学系の例>
・簿記能力検定
・TOEIC
・実用英語検定
・日本語教育能力検定

<専門的サービス系の例>
・税理士
・社会保険労務士
・行政書士
・司法書士
・FP技能検定

<IT系の例>
・Webデザイナー検定
・DTP検定
・パソコンインストラクター

<営業・販売・サービス系の例>
・着付け職種技能
・カラーコーディネーター
・色彩検定
・ソムリエ

<社会福祉・保険衛生系の例>
・介護支援専門員
・社会福祉士
・保育士
・看護師
・歯科技工士

●試験に合格してもお金が戻ってくる

 検定試験は、合格を目指して勉強しますが、一度で合格しないこともあります。検定試験の結果が不合格だったことは残念ですが、合否にかかわらず、教育訓練給付金は申請することができます。試験の合格が申請条件ではないのです。

 ただし、申し込みだけして、全く勉強しなかった(訓練を受講しなかった)ということにならないように、出席率や課題の提出などの一定の要件はクリアする必要があります。いずれも、きちんと受講していれば問題なくクリアできる要件ですから、スキルアップを考える場合は、合格を目指して積極的に利用したい制度です。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

日経ウーマン

日経BP社

2018年6月号

価格:660円(税込)

毎日が充実する!ノート術100
ムダなモノを持たない人のバッグ&財布
人生100年時代のMY働き方改革
【付録】日経ウーマンオリジナルマネー手帳

日経ウーマンオンライン(日経ウーマン)の前後の記事