ここから本文です

社会人2年目から使える「学んでお金が戻る制度」

4/17(火) 5:00配信

日経ウーマンオンライン(日経ウーマン)

どうやって申請するの?

 教育訓練給付金を使うためには、受講終了後に、自分で住所地のハローワークに申請する必要があります。用意する主なものは、次の8点です。必要な書類は、事前にハローワークに確認しておきましょう。

(1)受講した学校で受け取る「教育訓練給付金支給申請書」
(2)受講修了した学校からもらう「教育訓練修了証明書」
(3)受講費用を支払った時に受け取った「領収書」
(4)本人・住所確認書類「免許証」など
(5)マイナンバー確認書類
(6)「雇用保険被保険者証」
(7)「返還金明細書」
(8)通帳やキャッシュカードなどの振込口座が分かるもののコピー

 なお、キャリアコンサルティングの費用を申請する場合は、これらの費用にかかる領収書や実施証明書などが必要になります。また、勤務先によっては、一定の資格の勉強する際の費用や、資格を取得したら全額や費用の一部を補助してくれる福利厚生サービスがあるところもあります。その場合は、それらの給付を差し引いた金額が、教育訓練給付金の対象となる受講料になります。

●申請は講座修了の翌日から1カ月

 申請期限は、講座修了の翌日から1カ月です。原則は、ハローワークに行くことが必要ですが、在職中の人は平日に会社を休んでいくことは難しいのが実情です。そこで、在職中の人や病気やケガなどでやむを得ない事情がある場合は、郵送で申請することができます。申請期日は短いので、後回しにせず、早めに手続きを行うようにしましょう。

●何度でも使える

 教育訓練給付金は、何度でも使えます。過去に一度も使ったことがなければ、雇用保険を1年納めた段階で使うことができるのですが、一度使った後は、3年以上雇用保険料を納めたら、また使えるようになります。複数回使いたい場合は、「一度使ったら3年おきに使える」と考えるとよいでしょう。仕事でのスキルアップと、スキルアップにかかる費用を考えて、人生100年時代を生き抜くためのキャリアプランを練りましょう。

文/前野彩 写真/PIXTA

【参考】
教育訓練給付制度のサイト「講座を探したい」

2/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

日経ウーマン

日経BP社

2018年6月号

価格:660円(税込)

毎日が充実する!ノート術100
ムダなモノを持たない人のバッグ&財布
人生100年時代のMY働き方改革
【付録】日経ウーマンオリジナルマネー手帳

日経ウーマンオンライン(日経ウーマン)の前後の記事