ここから本文です

Hey! Say! JUMP岡本圭人が告白「上智大を退学しました」

4/18(水) 16:00配信

NEWS ポストセブン

 Hey! Say! JUMPの岡本圭人(25才)が上智大学を退学していたことを明らかにした。

「昨年の秋、メンバーに集まってもらって、ぼくの大学のことを“報告”しました。この6年間、メンバーはぼくが仕事をしながら学生を続けることをサポートしてくれましたから。もしぼくがメンバーの立場だったら、報告を聞いてとても落胆したと思います。でもみんなは何も言わず、“圭人、大丈夫?”と…」

 新緑の季節を迎え、大学のキャンパスは新学期のオリエンテーションや新歓コンパで賑わいを見せている。しかし、Hey! Say! JUMPの岡本の姿はそこにはない。岡本は2012年4月、上智大学国際教養学部に入学。それから6年が経つが、この3月の卒業式に岡本の姿がなかったことで、「“3留”したのではないか」と報じられたが、実は留年ではなく「退学していた」のだと明かした。

 岡本は一呼吸置き、まっすぐ前を向いて続ける。

「昨年夏、実家に大学から1通の書類が届きました。その封を開けた父(元・男闘呼組で俳優の岡本健一・48才)からの電話で、大学を『退学』になったことを知りました。父とは芸能活動を始める際に“必ず大学まで卒業する”と約束していましたし、ジャニー(喜多川)さんも入学を喜んでくれていました。それなのに退学になってしまって…。父や事務所のかたがた、メンバー、ファンのみなさんにも心配をかけてしまい本当に申し訳なく思っています」

 岡本は「グローバルな人間に育ってほしい」という父親の教育方針もあって、9才から5年間、イギリスに留学。帰国してからもインターナショナルスクールに通い、英語が堪能だ。上智大学国際教養学部はすべての講義が英語で行われ、9割の学生が留学生や帰国子女というハイレベルな環境だが、岡本は一般入試で合格し、1学年50人弱という少数精鋭の学生の中で学業と向かい合ってきた。

「たとえば、シェークスピアなどの作品が学べる海外文学の講義は、舞台の仕事でも役立つと思って取り組んでいました。英語の能力を伸ばすことでグループの活動に貢献もできると考えていました。しかし、正直なところ、学業はずっと悩みながら続けてきました。ぼくよりもずっと忙しくても仕事と学業を両立させて大学を卒業している先輩が大勢いるので、ぼくが器用な性格ではないことが悪いのですが、仕事に打ち込むほど、大学の勉強に集中できないことも増えてしまったんです」

1/2ページ