ここから本文です

危ない中国食品 2018[第2弾] 「最新回収事件」実名リスト【全文公開】

4/19(木) 5:00配信 有料

文春オンライン

危ない中国食品 2018[第2弾] 「最新回収事件」実名リスト【全文公開】

ゴミだらけの畑

チキンナゲット販売中止以来、中国食品に事件がないと思ったら大間違い。回収事件は昨年も今年も起きている。なぜ中国食品の品質は向上しないのか。回収事件の当事者や検疫に引っかかった業者の「告白」から浮かび上がるのは、相も変らぬ悲惨な現場の実態だ。

◆ ◆ ◆

 まずは、次のリストをご覧いただきたい。

 これは、日本マクドナルドの中国産チキンマックナゲット販売中止事件(期限切れ鶏肉の使用)が起きた、2014年7月以降の中国食品「回収事件」をまとめたもの。回収された商品名と当該企業の実名を可能なかぎり記載している。

 日本中の関心を集めた事件の後も、中国食品が問題を起こし続けていることがわかるはずだ。

 先週号で紹介した食品衛生法の違反は、港の検疫所で基準を超える細菌数や農薬が見つかったもので、いわば水際で上陸を食い止められた事例だ。幸いなことにいずれも日本の消費者の口に入ることはなかった。

 それに対して、今週取り上げる「回収事件」は、検疫所の目を逃れ、いったん日本の市場に出回った食品にあとから違反が見つかり、市や保健所などが回収を命じたり、自主回収したりしたものだ。 本文:5,076文字 写真:9枚 ...

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

「週刊文春」編集部

最終更新:4/19(木) 5:00
記事提供期間:2018/4/19(木)~12/15(土)
文春オンライン