ここから本文です

ブレイク・ライブリーが心酔中の新たな副業とは?

4/20(金) 0:10配信

エスクァイア

美貌と才能に恵まれたブレイク・ライブリー。なんと女優業以外のサイドビジネスを密かにスタートさせたことが明らかになりました。

【 うるわしのMETガラ、記憶に残る歴代ゴージャスルック100 】

ブレイクが展開するサイドビジネスとは、インテリアや空間のデザイン。彼女のインスタグラムには、作業している様子も公開されていて、「友達の自宅をデザインしているの。しかもタダで。今まで選択肢を間違えたことは何度もあるけど、この仕事は引き受けて正解だったかも。とにかく楽しい!」とコメントしています。

 ライフスタイルサイト『プリザーブ(Preserve)』(2015年9月に閉鎖を発表)を運営していたブレイクは、以前からデザインに対する情熱をさまざまなメディアに語っていました。最近では、ジジ・ハディッドとソーシャルメディアや女性支援について語り合ったUS版女性誌『ハーパーズ バザー』の対談でも、あるもののデザインに興味があることを告白しています。

 その対談では、トミー ヒルフィガーとジジとのコラボコレクション「TOMMYXGIGI」についても触れています。
 
 ファーストコレクションを発表し、ショーのフィナーレで登場した時の心境について聞かれたジジは「とにかく緊張したわ。もう少しで気絶しそうだった。ランウェイを歩いたことも、デザイナーとして挨拶したこともあまり覚えていないの」と当時を振り返りました。
 
 それに対しブレイクは、「今『ランウェイを歩いた』って言ったけど、それはモデルとして? それともデザイナーとして?」と尋ね、「ジジは両方の仕事をこなせるからすごいと思う」と、ジジを絶賛しています。

 するとジジは「私はどんな時も新しいチャンスを探しているの。マネージャーにも『ねぇ、何か変わったアイデアない?』っていつも聞かれるの。それでつい先日は、ウエディングをプロデュースしてみたいって伝えたわ」とコメント。
 
 ブレイクはすかさず「OMG、面白そうな企画ね。私も仲間に入れて! 私も前からウエディングのデザインに興味があるの」と返し、2人は大盛り上がりしていたのです。
 
 ブレイクが手がける空間デザインとウエディング。本格的にビジネスをスタートさせたら予約が殺到し、演技どころじゃなくなりそうですね!

最終更新:4/20(金) 0:10
エスクァイア

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エスクァイア

ハースト婦人画報社

1933年にアメリカで誕生した
ハイエンド・ファッション雑誌です
ファッションやライフスタイルにとどまらず
アート、カルチャー情報などを届けます