ここから本文です

元SMAP草なぎ 剛、稲垣吾郎、香取慎吾が一瞬見せた「素顔」

4/21(土) 7:02配信

FRIDAY

「シンゴー、愛してる! また来てね!」

 彼らの姿を見るなり、会場前で出待ちをしていたファンが次々と歓声を上げた。

 これは4月6日、香取慎吾(41)、稲垣吾郎(44)、草なぎ剛(43)が主演する映画『クソ野郎と美しき世界』の舞台挨拶でのひとコマだ。

 同映画は、2週間限定の公開ながら、全国86の映画館で、観客動員28万人以上を記録。低予算ながら、大成功をおさめた。

 この日、盛岡(岩手)を出発した3人は、それぞれに別れて仙台(宮城)や福島、宇都宮(栃木)で舞台挨拶を行い、最後に東京で再合流。まさに強行軍のスケジュールをこなしていた。

 グループ解散、そしてジャニーズ退所と激動の2年間を経た現在でも、相変わらずの人気を誇る3人。昨年11月のAbemaTV『72時間ホンネテレビ』以降、新たな動向に注目が集まっていただけに、この舞台挨拶は“SMAPロス“を抱えたファンにとって待望のイベントだったのだ。そんな期待に応えるように、香取らも会場に押しかけた人々に「ありがとう!」と大きく手を振り、声を上げる。

「ジャニーズ時代は、ファンが撮った写真がSNSで拡散されるのを避けるため、イベントは徹底ガード態勢でした。それが、いまでは彼らが進んで握手や撮影のサービスに応じるほど。随分オープンになりました」(イベント会社スタッフ)

 大盛況に終わった彼らの舞台挨拶。一方で、ジャニーズ事務所では、大激震が続いている。

 FRIDAYデジタルでは、未掲載カットを多数配信している。

最終更新:4/21(土) 7:02
FRIDAY