ここから本文です

錦織、運命の準決へ 海外メディアは復調評価「ズベレフは注意を怠ってはならない」

4/21(土) 19:21配信

THE ANSWER

世界4位ズベレフと今夜激突、英メディア「錦織はとてもシャープに動けている」

 男子テニスのモンテカルロ・マスターズは20日、シングルス準々決勝で世界ランク36位・錦織圭(日清食品)が同3位のマリン・チリッチ(クロアチア)を6-4、6-7、6-3で下し、4強進出。第2セットには“超鋭角クロス”によるスーパーショットが炸裂させて話題を呼んでいたが、日本時間21日22時30分以降に始まる準決勝では世界ランク4位のアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)と激突する。海外メディアは錦織の復調ぶりを評価し、「ズベレフは注意を怠ってはならない」と指摘している。

【動画】「ニシコリの魔法が炸裂だ!」と実況も思わず絶叫…テニスTVが公開した錦織の“超鋭角クロス”の瞬間

 錦織が本来の錦織を取り戻しつつある。2時間55分の死闘で駒を進めた。1本のスーパーショットが脚光を浴びた。

 第2セット、4-4で迎えた第9ゲーム。チリッチのサービスから始まったラリー。錦織は強烈なショットでサイドに揺さぶられ、相手の右サイドから対角線にパワフルなフォアハンドを見舞われた。深い位置まで走らされ、なんとか追いついた。体勢は苦しかったが、ここからが凄かった。右手一本で放ったフォアハンドは相手以上に鋭い角度でクロスに打ち込んでみせた。

 チリッチは一歩も反応することができず、スーパーショットに会場は喝采に包まれた。“超鋭角クロス”の瞬間を「テニスTV」公式ツイッター」は「ケイ・ニシコリからフォアハンドによるささやかな魔法」と動画付きで紹介。実況は「なんて一撃なんだ!ニシコリの魔法が炸裂だ! センセーショナル……。ワンダフルなフォアハンドと言うほかないでしょう」と大興奮で伝えた。

 粘り勝った錦織が挑むのは、次世代を担う怪物の世界ランク4位・ズベレフだ。

勝てば悲願のマスターズ1000初制覇に王手、カギは「第1セット」にあり

 英テニス専門メディア「LiveTennis」は21歳の誕生日にリシャール・ガスケ(フランス)を下し、4強に駒を進めたズベレフについて「彼の誕生日に満足のいく勝利を挙げることができたが、その試合時間は2時間40分の激闘だった」と紹介している。

 一方、錦織も4試合のうち3試合がフルセットと接戦を繰り広げていることに触れながら、チリッチ戦について「打ち合いの主導権を得ていた。彼は、両サイドにおいてチリッチを大きく上回るダイナミズムを披露してみせていた」と評価している。

 さらに「彼は手首の負傷から復帰して間もないが、今大会はとてもシャープに動けている。彼の期間が今もなお進み続けていることがそれを物語っている。モナコでの示しは、とても良いものとなっている」と復調ぶりを認め、一方で「ズベレフは注意を怠ってはならない」と指摘している。

 錦織がズベレフを撃破するカギについて「まずは第1セットを確実に先取しなければならない。そこから長時間の試合が待っているが予測できる」と第1セットを取って主導権を握ることを挙げている。

 錦織は勝てば、悲願のマスターズ1000初制覇に王手。相手は昨季から上昇一途の難敵だが、打ち破れるか。完全復活を証明する意味でも、注目の一戦となりそうだ。

THE ANSWER編集部

最終更新:4/21(土) 19:21
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。