ここから本文です

スポーツが浮き彫りにする「アメリカ」の正体

4/21(土) 15:00配信

東洋経済オンライン

本書『スポーツ国家アメリカ - 民主主義と巨大ビジネスのはざまで』はアメリカ発祥のスポーツを通して、米国社会の歴史を眺めていく1冊である。

この記事の写真を見る

 焦点が当てられるのは、野球・バスケットボール・アメリカンフットボールだ。これら競技の成り立ちには、その時代のムードが確かに反映されており、後々もアメリカ社会の変化と密にかかわりながら発展を続けてきた。

 上に挙げた3競技がその骨格を整えた時期は、19世紀後半に集中している。野球ならばナショナル・リーグの創立が1876年、アメフトの試合が最初に行われたのは1869年で、バスケは1891年に考案された。南北戦争が終結した1865年というタイミングに産声を上げた競技である。アメリカの産業社会が本格的に拡大していく時代の空気が反映されていないことの方が不自然かもしれない。

■バスケやアメフトに共通しているのは

 具体的な例でいうと、アメフトの章ではテイラーの科学的管理法が引き合いに出される。緻密な計画とリハーサルによってプレーの精度を上げ、偶発的なミスを減らしていく。そんな特徴を持つアメフトの普及は、20世紀初頭のテイラー・システムの登場を予告していたかのようにも見える。

 バスケは宗教組織によって広まった。キリスト教青年会、通称YMCAである。人々をつなぎとめる手段のひとつとして、産業社会へのシフトにともない持ちあがった健康問題に目をつけたのが、そもそものきっかけだそうだ。バレーボールも同様に、YMCA内の人物によって考案された。

 バスケやアメフトに共通しているのは「アンスポーツマンライク」な行為に対する反則があること。そこには、1890年に制定された反トラスト法に見られるような、規制と改革の時代の精神が宿っていると著者は語る。

 そうした近代性だけでなく、前近代的な特徴も含む競技として書かれているのが野球だ。南北戦争時の兵士の娯楽として一気に広まり、国技にまで昇りつめた。南北戦争においては、組織を効率よく運用し、味方の犠牲を最小化しつつ攻撃の成果を最大化しようとする近代戦の特徴と、個人の一騎打ちによって局面を打開しようとする前近代的な戦い方が混在していた。そうした近代と前近代的要素が混じり合う様が、野球のルールからも読み取れるという。

1/3ページ

東洋経済オンラインの前後の記事

あわせて読みたい