ここから本文です

「お腹のむくみ」の意外な原因は?ある女性の投稿が話題

4/22(日) 23:00配信

コスモポリタン

「お腹のむくみ」に悩んでいる人は少なからずいるはず。ガスがたまる、お腹がゴロゴロする、便秘気味などその症状はいろいろだけど、むくみによる不快感はツライもの。Instagramでフィットネス・モデルとして注目を集めるミシェル・ミドルトンさん(30歳)も、お腹のむくみに悩む1人だったのだとか。

【写真】共感者続々!モデルの「お腹のむくみ」投稿

そんな彼女が「お腹ポッコリ」な症状の前後の写真を公開したところ、大きな反響が! コスモポリタン イギリス版によると、彼女は自分のお腹のむくみの原因を突き止めたのだそう。

アメリカ・ワシントン州バンクーバー在住のミシェルさんは、10万人以上のフォロワーを持つ人気インスタグラマー。トレーナーの資格を持っているわけではないけれど、エクササイズやボディビルディングに情熱を傾ける日常を投稿し、フィットネスに関心が高い人たちを励ます存在。

健康に気遣い、フィットネスを欠かさないという彼女。でも上記の投稿では、実は「ポッコリお腹に悩んでいた」ことを告白。

「家で自分1人で過ごすときや、仲の良い友人たちに囲まれているだけならお腹がむくんでも気になりません。でも(ボディビルの大会に出場するなど)公の場でビキニ姿になる場合、お腹が膨らんでしまうことは恐怖でした」とミシェルさん。

しかし彼女の場合、お腹がポッコリしても、数時間で症状は消えるのだそう。夜寝る前にむくんだとしても、朝にはペッタンコに。

この症状について、食事療法士であるクリスティン・クロザースさんは、「お腹のむくみは、大腸でガスが過剰発生することが原因の可能性も」と解説。

「多くの人がお腹のむくみを経験済みです。しかし(それが一過性のものではなく)継続的に起こる場合、過敏性腸症候群やセリアック病(グルテンに対する免疫反応によって発症する自己免疫疾患)、特定の食物に対する不耐症など、消化器系の問題が原因かもしれません」

特定の食物が、腹部膨満感や過敏性腸症候群を誘発する場合もあるそう。「高FODMAP食とは、単糖、二糖、オリゴ糖、ポリオールの一部が多く含まれている食品を差します。腸内細菌によって大腸で分解される炭水化物のグループですが、腸内で発酵するため過剰なガス発生を引き起こしてしまうこともあるのです」とクロザースさん。

この高FODMAP食と言われる食品には、健康的な印象のものも。例えば、意外なことにマンゴー、ハチミツ、タマネギ、ニンニク、リンゴなどの食品も、腹部膨満感を誘発する可能性があるのだとか。

ミシェルさんのお腹のむくみも、原因は高FODMAP食だったとのこと。「ヨーグルト、ブロッコリー、カリフラワー、アスパラガス、リンゴ、ナシ、スイカなどを食べると、お腹が膨らむことが分かりました」。

1/2ページ

最終更新:4/23(月) 12:59
コスモポリタン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

コスモポリタン

ハースト婦人画報社

1886年にアメリカで創刊され、
世界中の女性に愛されるコスモポリタン。
日本ではオンラインに特化し、
恋愛、ビューティ、セレブ情報など発信中。

Yahoo!ニュース特設ページ