ここから本文です

井上尚弥、“11秒KO男”テテから挑戦状「マクドネルと井上の勝者と対戦したい」

4/22(日) 13:28配信

THE ANSWER

「5.25」のタイトル戦勝者との激突に意欲「彼らは受けなければいけない」

 プロボクシングの前WBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥(大橋)は5月25日にWBA世界バンタム級タイトルマッチ(大田区総合体育館)で同級王者ジェイミー・マクドネル(英国)に挑戦する。「The Monster」が晴れて3階級制覇に成功すれば、WBO同級王者のゾラニ・テテ(南アフリカ)が「統一戦を受けなければいけない」と挑戦状を出している。英ボクシング専門メディア「iFL TV」が報じている。

【画像】身長差14センチ、仮想マクドネルのパートナー・ハムザとの2ショットを井上がインスタで公開

 昨年11月のシボニソ・ゴニャ(南アフリカ)戦でタイトル戦史上最短となる11秒でKO勝ちを果たしていたテテ。統一戦実現に牙を剥き始めた。

「自分はこれまで対戦から逃げられてきたファイターだと信じている。今年のどこかの段階で、挑戦を受けて戦わなければいけない男たちが出てくるだろう。なぜなら、チャンピオンとして自分自身を評価するために、最高のファイターと戦わなければいけないからだ」

 記事によれば、テテはこう語ったという。そして、統一戦のためなら、相手も場所も選ばないと執念を見せている。

「自分はライアン・バーネットと戦うのなら、ベルファストだろうが、どこにでも行く。どこでも関係ない。米国だろうか、日本だろうが、ベルファストだろうが。喜んで受けて立つよ」とまで言い放ったといい、バンタム級に君臨するWBAスーパー王者ライアン・バーネット(英国)の本拠地に乗り込む覚悟を示している。

「ジェイミー・マクドネルとナオヤ・イノウエの戦いにも注目している」

 その上で、5月25日に東京で行われるタイトル戦の勝者にも挑戦状を叩きつけている。

「ジェイミー・マクドネルとナオヤ・イノウエの戦いにも注目している。我々はそこでの勝者と対戦したい。もし、対戦の機会が訪れれば、彼らは受けなければいけない」

 30歳のテテはこう語ったという。井上、テテ、バーネットには賞金総額50億円ともいわれるボクシング界の一大イベント「ワールドボクシングスーパーシリーズ(WBSS)」参戦の可能性も浮上している。

 井上はスーパーフライ級では悲願の統一戦が実現せず。強すぎる王者の悲哀を味わったが、マクドネル戦の先には、念願のビッグマッチのチャンスが広がろうとしている。

THE ANSWER編集部

最終更新:4/22(日) 13:51
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。