ここから本文です

“恩師”西野監督の前で躍動した家長昭博。代表復帰へ追い風は吹くか?

4/22(日) 13:00配信

SOCCER DIGEST Web

「監督が代わったので誰にでもチャンスはあると思う」

[J1リーグ9節]川崎4-1鹿島/4月21日/等々力
 
 日本代表の西野朗監督が視察に訪れた鹿島との一戦で、出色のパフォーマンスを見せたのは家長昭博だ。まず開始5分、相手ペナルティエリア右で後方からのパスを受けると、スピードの緩急で対峙した昌子を抜いて、グラウンダーのクロス。「相手が嫌やろうなというところに入れました」というボールはクリアを試みた三竿健斗の足に当たり、オウンゴールを誘発した。
 
 さらに3-1で迎えた81分には正確なスルーパスで大久保のゴールをアシスト。2ゴールに絡む活躍でチームを大勝に導いたのだ。
 
 家長といえばG大阪時代に西野監督の指導を受けている。その印象については次のように述懐する。
 
「いろんなことを言われましたし、単刀直入に話してくれるオープンな方です。非常に可愛がってもらった立場ですし、自分がプロとしてスタートした時の監督なので思い出はあります」
 
 この日、西野監督は「今まで入っていた選手は注視していました」と試合を振り返ったが、かつての教え子のパフォーマンスにも印象を受けたはずだ。
 
 家長は「あまり(代表に)選ばれたことはないので、身近なものではないですが、監督が代わったので誰にでもチャンスはあると思います。目指して頑張りたいです」と短く決意を語った。鹿島戦のような調子を維持できれば、初のワールドカップ出場を掴める可能性も十分にあるだろう。
 
取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)

【川崎 4-1 鹿島 PHOTO】昨季王者が貫録の完勝劇!! 中村憲剛&大久保嘉人のベテランが揃い踏み!

最終更新:4/22(日) 13:00
SOCCER DIGEST Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

Yahoo!ニュースからのお知らせ(10月17日)