ここから本文です

ケンタロウ、放送10周年目『男子ごはん』背景で「あきらめない」リハビリ生活

4/24(火) 4:00配信

週刊女性PRIME

「私の友人が、この公園でケンタロウさん夫婦を見かけたことがあるって言ってましたよ。今年の花見の時期にもいらしていたみたいです」

【写真】表情豊かなケンタロウ

 都内の公園で犬と散歩していた女性が漏らしたひと言。'12年2月4日にバイク事故で重傷を負った彼の自宅から徒歩数分の場所だ。順調にリハビリが進んでいるのだろうか。

 4月中旬の午後、彼が住むマンションを訪ねてみた。すると、エントランスから姿を現したのは、妻に付き添われて黄色い車イスに乗ったケンタロウだった─。

高次脳機能障害、そして始まったリハビリ

「ケンタロウさんのバイク事故は、首都高速道路のカーブを曲がりきれずに高架から約6メートル下の道路に転落するというものでした。一時は意識不明で、生死の境をさまよったそうです。一命をとりとめましたが、両手両足が麻痺。意識は回復したものの、高次脳機能障害が残りました」(スポーツ紙記者)

 故・小林カツ代さんを母に持つケンタロウは、美術大学に入ってイラストレーターとして活躍。その後、母に学んで料理研究家となり、テレビや雑誌などで大人気となった。

「お母さんが昔からの家庭料理を得意としていたのに対し、ケンタロウさんはポップなセンスを持っていました。若者のライフスタイルにマッチしたレシピを提案していたんですね。しかも簡単に作れるものばかりなので、料理が苦手な女性たちからも支持されました」(料理ライター)

 カジュアルなファッションで軽やかに料理する姿が人気となって、数多くのレシピ本を出版。若手料理研究家のホープとして期待を集める中での悲劇だった。

「最初は寝たきりで、食事も鼻からチューブでとっていました。絶望的な状況の中で、献身的にケンタロウさんを支えたのが妻の大谷マキさん。感情表現もほとんどできない夫に“今日はこんなことがあったよ”と話しかけ、反応を引き出そうとしていました」(前出・スポーツ紙記者)

 フードスタイリストの大谷マキさんと結婚したのは'10年のこと。愛する夫の回復を信じ、懸命に看護を続けた。

「夫婦は葉山の一軒家で暮らしていたんですが、マキさんはケンタロウさんがリハビリのために入院していた病院のそばに引っ越しました。毎日夫のもとに通って1年ほどがたったころ、ケンタロウさんはマキさんの頭をなでるような動作をしたそうです」(生活雑誌編集者)

 介護スタッフに支えられながらではあるが、少しだけ歩けるように。'13年6月には退院し、自宅でマキさんのサポートを受けながらリハビリを続け、片言ながら少しは会話ができるようになったという。

「'14年1月にカツ代さんが亡くなります。'05年にくも膜下出血で倒れたカツ代さんを、事故前にはケンタロウさんが介護していました」(同・生活雑誌編集者)

1/3ページ

最終更新:4/24(火) 14:00
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」6/5号

特別定価410円(税込)

「週刊女性PRIME」では「週刊女性」本誌の一部記事のほか「週刊女性PRIME」独自の記事を読むことができます。