ここから本文です

関西で「おしゃれ女性」の多い路線ベスト10

4/24(火) 6:00配信

東洋経済オンライン

通勤・通学電車の癒やしの存在である“おしゃれ女性”。同じ女性としてファッションの参考にと、ついつい観察してしまうのは筆者だけではないはず。路線によって女性客たちの特徴は異なり、魅力的な女性が集結する路線があるのをご存じだろうか。東洋経済オンライン3月27日付記事(「おしゃれ女性」がたくさん乗る路線ベスト10)では、首都圏の路線を中心にご紹介したが、今回は、おしゃれ女性が多い路線の関西編ベストテンを発表する。前回の記事と同様、筆者の独断でランク付けしていることをご容赦いただきたい。

【写真】関西でおしゃれ美女が多い路線とは?

■女子大生が多い路線

 10位:アクティブで元気なパリピ女子多数「JR湖西線」

 山科(京都府京都市)を起点に、近江塩津(滋賀県長浜市)まで至るJR湖西線。その名の通り琵琶湖の西岸を走り、車窓から清々しい水辺を眺めることができる。沿線が最も色めき立つのが夏。賑やかなパリピ女子たちが、琵琶湖のビーチへこぞって遊びに行く。

 毎年「びわ湖大花火大会」も開催され、リア充なサマーガールたちが利用する路線である。また、大津京をはじめとする沿線にはタワーマンションも増加中。部屋から美しい琵琶湖を眺めているであろう、セレブ乗客たちの姿はうらやましいの一言。

 9位:京都のトレンド女子が集まる「地下鉄烏丸線」

 京都の町を国際会館(京都府京都市)から竹田(京都府京都市)へと南北に走る地下鉄烏丸線。京都駅にあるジェイアール伊勢丹には国内外の一流ブランドが店を構え、本物志向のOLやマダムたちがショッピングを楽しむ。

 烏丸御池など、沿線にはグルメスポットも充実。インスタ映えのするおしゃれなカフェも多く、カラフルなパンプスを履いた今どき女子たちで賑わっている。また、同志社女子大や京都ノートルダム女子大など女子大も多く、学生たちのかわいらしいファッションが花開く路線である。

 8位:関西の温泉美人が愛用する「JR山陰本線」

 京都(京都府京都市)を起点に幡生(山口県下関市)へ至る、在来線では日本一長い路線。山陰の海沿いを縫うように走り、少々地味なイメージはあるものの、都会の派手さがない癒やし系おっとり美女も多い。

 風光明媚な路線であり、関西の有名観光地も多く点在。天橋立へは京都から特急「はしだて」を運行し、旅好き女性からも支持が厚い。城崎温泉など、人気の温泉地が多いのも注目ポイント。都会の生活に疲れたOLにとっての癒やしのパラダイスであり、美肌を極めるビューティー系女子たちがこぞって通っている路線でもある。

1/4ページ