ここから本文です

長谷部誠、予想以上の厳罰で「今季終了」。ひじ打ち退場で4試合出場停止

4/24(火) 21:25配信

フットボールチャンネル

 フランクフルトに所属する日本代表MF長谷部誠は、相手選手へのひじ打ちでレッドカードを受けたことに対し、3試合あるいは4試合の出場停止処分を下された。クラブが24日に公式サイトで伝えている。

【動画】本田圭佑、実は200ゴール決めていた!?知られざるプライベートにも迫る!

 長谷部は現地時間21日に行われたブンデスリーガ第31節のヘルタ・ベルリン戦で、相手FWデイビー・ゼルケと競り合った際に顔面にひじ打ちを食らわせる形となった。これにより一発レッドカードを提示されていた。

 通常の退場処分には1試合の出場停止処分が科されるが、暴力行為としてもう1試合が加算されるとの見方が強かった。だがドイツサッカー連盟(DFB)の下した決定は4試合の出場停止処分。うち1試合は「執行猶予付き」となるため、新たな問題を起こさない限りは3試合の処分となる。

 クラブおよび長谷部はこの決定を受け入れるとのことで、そのまま処分は確定する。これにより、長谷部は今季ブンデスリーガの残り3試合には出場できず、今季中のプレーはすでに終了したということになった。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ(10月17日)