ここから本文です

ファーストクラスのその上を狙うなら 身近になったプライベートジェット!

4/24(火) 18:01配信

CREA WEB

 世界を旅する女性トラベルライターが、これまでデジカメのメモリーの奥に眠らせたままだった小ネタをお蔵出しするのがこのコラム。敏腕の4人が、交替で登板します。

 第181回は、たかせ藍沙さんがあまりにもゴージャスな旅をご提案! 

いつでも乗ることができるビジネスジェット!

 以前、世界一周航空券を使ったファーストクラスで世界一周する旅をご紹介した。今回は、ファーストクラスよりももっとハードルが高いと思える、プライベートなチャーターフライトをご紹介したい。

 プライベートジェットを所有している富裕層の友達でもいれば別だけれど、そうでもなければ、どこでどうしたら乗ることができるのかという疑問すら浮かばないかもしれない。大統領やハリウッドスターといった雲の上の方たちのものと思っているのではないだろうか。

 ところが、そんなチャーターフライトが身近になる。羽田空港のANA格納倉庫で記者発表があるというのでさっそく行ってきた。

 窓の外にはときおり離陸する飛行機の後ろ姿が、そして、ふいに『スター・ウォーズ』やスポーツ選手のペインティング機が通ったりするという、飛行機好きが集中しづらい(笑)場所だ。

 ANAホールディングスと、総合商社の双日が、共同で新会社を設立した。社名は「ANAビジネスジェット」。ビジネスジェットのチャーター手配事業会社だ。

「ビジネスジェット」とは、好きな時間に好きな場所でチャーターできる中・小型ジェット機のこと。国際線定期運航便とのスムースな乗り継ぎだけでなく、機内でミーティングを終えることができるし、パパラッチに追いかけられることもない。そんな夢のようなチャーターフライトを、「ANAビジネスジェット」が叶えてくれる。

 欧米では需要が拡大し続けているというビジネスジェット。日本ではまだまだ需要が少ないが、環境は整いつつあるという。羽田での離発着の枠が増え、優先順位も上がってきた。地方でビジネスジェットが離発着できる空港は84港もある。

 ビジネスジェットは国境を越えて飛ぶこともできる。アジアの隣国までならHondaJetなどの小型機で、より大きい機種を使えばさらに長距離を飛ぶことも可能となる。

 ただ、ロングフライトに関しては、コスト的にもサービス的にもANAのアッパークラスを利用して美味しいワインと機内食を楽しみ、現地でビジネスジェットを利用するほうが賢明だ。

1/2ページ

最終更新:4/24(火) 18:01
CREA WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CREA

文藝春秋

2018年8・9月合併号
7月6日発売

定価780円(税込)

47都道府県からおいしいお届け!
日々のごはんのお取り寄せ。

東方神起「伝説が生まれた日」
バテる前に、うなぎ/つまみたいおやつ etc