ここから本文です

錦織は「ミーナ・バガンテ」になる 世界で見直され始めた「本物のスター」の価値

4/25(水) 16:48配信

THE ANSWER

モンテカルロの復活劇で再び高まる注目…伊メディア大特集「ケイ・ニシコリとは?」

 男子テニスのモンテカルロ・マスターズで準優勝を飾った錦織圭(日清食品)。元世界ランク4位のトップ選手として世界に復活をアピールしたことで海外メディアの注目が高まり、日本のエースの価値は見直され始めているようだ。欧州メディアが「ケイ・ニシコリとは?」と題し、大特集を組んでいる。

【動画】錦織が表彰台でまさかの“ずっこけ”…「必見の可愛らしさ」をテニスTVが公開

「ケイ・ニシコリとは?」と題し、大特集を組んだのはイタリア紙ガゼッタ・デロ・スポルトが運営するスポーツサイト「ガッザネット」だ。

「成績の面からもテクニカルな面からも、日本史上最高のテニスプレーヤーである」

 記事では、称賛の言葉とともに錦織を紹介。右手首の故障から復帰後は精彩を欠く試合もあったが、モンテカルロで復調し、躍進したことを伝えている。故障中に世界ランクを落としていたが「それでも、ケイは価値ある才能を持つ本物のスターだと言える」と評し、さらに日本におけるスターぶりを紹介している。

「ニシコリはアメリカ在住だが、日本にも時々戻る。2016年、東京でのトーナメントではなんと9000人の人々がケイを観るためにやって来たのだ! こうした人気は何も偶然ではない。ニシコリは常に全ての要素で日本のトップ選手として知られているのだ」

 特集では「今となっては微笑ましいケイのキャリア初期を見てみよう」と錦織の競技人生まで遡って振り返っている。

「今後は『ミーナ・バガンテ』として注目される」…その意味とは?

「プロジェクト45」で松岡修造が持つ日本人最高位の45位を超える期待をかけられていたことを記述。「しかし、ニシコリは期待以上の結果を叩き出した。なんと2015年3月2日にランキング4位を記録したのだ」と世界トップ4に君臨したこととともに「ケイを日本人として最も印象付けたこと」として16年リオデジャネイロ五輪銅メダル獲得も伝えている。

 そんな実績十分な日本のエースが今回、復活を遂げたことで今後のテニス界において「危険人物」になるとしている。記事では、こう展望している。

「今後のツアーでは『ミーナ・バガンテ(何を起こすか分からない危険人物)』として注目されるに違いない。今回のコンディションが続けば、全選手にとって脅威となる選手である」

 このようにつづり、さらなる躍進に期待を込めている。錦織は休む間もなく、25日にバルセロナ・オープンに挑む。得意としているクレーコートシーズン。全仏オープンを始め、どんなプレーを見せてくれるのか。輝きを取り戻しつつある28歳に海外の注目も高まっている。

THE ANSWER編集部

最終更新:4/25(水) 17:06
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。