ここから本文です

新生レッズは黒星発進… オリヴェイラ監督は失点シーンが「あの試合と同じ」と指摘

4/26(木) 7:00配信

SOCCER DIGEST Web

前体制の公式戦6戦負けなしを引き継げず…

[J1リーグ10節]柏1-0浦和/4月25日/三協F柏

 浦和が新体制の初陣を白星で飾れなかった。

【柏 1-0 浦和PHOTO】中川寛斗のゴールでオリヴェイラ新体制の浦和を撃破!


 決勝点は72分、柏の左サイドバック、中山雄太がクロスボールを入れると、ファーサイドで競り合った江坂任が折り返しのヘッド。これを中川寛斗が拾い、右足を振り抜いてゴールネットを揺らした。

 浦和は、大槻毅監督が率いた前体制で公式戦6戦無敗と好調をキープしていたが、オズワルド・オリヴェイラ監督が就任して初めてとなる試合で、5戦ぶりに土を付けられた。

 指揮官は試合について、「非常にインテンシティーの高い守備をした両チームの拮抗した戦いだった」と振り返り、内容的にはまずまずの評価を下している。

 ただし、失点シーンに関しては、修正が必要との見解を述べている。
「前半は両チームともチャンスを作りながら非常に拮抗した試合をやったと思うが、失点が清水戦(8節/〇2-1)の時と同じような形だったので、そこは修正点になると思います」

 8節の清水戦では、やはり右サイドからのクロスをクリスランに頭で折り返され、こぼれ球を金子翔太に決められた。清水戦、柏戦ともにクロスの出所への対応に加え、中央での競り合い、折り返しのボールに対する反応で後手に回った。分析力に長けた指揮官はすでに、チームの弱点を見抜いているかのようだ。

 そして最後に、7シーズンぶりにJリーグでの指揮を執ってみての感想を問われると、「とても良かったです。日本で仕事をするのは好きなので、帰って来られて幸せです」と、嬉しそうに語っていた。

最終更新:4/26(木) 7:27
SOCCER DIGEST Web