ここから本文です

清武の2得点の活躍を聞いた内田篤人の反応は?「いいですね、前の選手は…」

4/26(木) 6:00配信

SOCCER DIGEST Web

「俺があきらめていないんだから、お前もあきらめるな」

[J1リーグ10節]鹿島1-1神戸/4月25日/カシマ
 
「あ、そうなんですか?」
 
 報道陣から、C大阪の清武弘嗣が2ゴールを決めたことを聞くと、「いいですね、前の選手は。(自分の)サイドのポジションの取り方とか、誰も見ていないでしょ(笑)」と、取り囲む記者たちの笑いを誘った。
 
 そんな内田篤人も、1-1のドローで終わった神戸戦では、鈴木優磨の同点弾を自身のクロスからお膳立てしているのだが、清武の活躍をことのほか喜んでいるようだ。
 
「ドイツにいた時からの仲間なんで。あいつも怪我がちょっと多いし、連絡を取りながら」
 
 ある時、清武が「ダメかな」と弱音を吐いたことがあったという。それに対して、内田は「バカ野郎、俺があきらめていないんだから、お前もあきらめるな」と発破をはけた。
 
「良い仲ですからね、俺とあいつは。嬉しいですね」
 
 清武が2得点した試合の結果も気にして、仙台を相手にC大阪が逆転勝ちしたことを知ると、内田は「(順位が)また離れちゃったか」と小さく呟いた。悔しさを滲ませつつも、柔らかい表情だった。
 
取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)
 

【鹿島 1-1 神戸PHOTO】先制を許すも後半に怒涛の攻めを見せた鹿島が引き分けに持ち込む

最終更新:4/26(木) 9:10
SOCCER DIGEST Web