ここから本文です

ファン・ハール氏、2年ぶり監督業再開か「断れないオファーがある」

4/26(木) 21:46配信

フットボールチャンネル

 オランダ人指揮官のルイス・ファン・ハール氏が、監督業を再開する可能性が高まっている。オランダのテレビ『Ziggoスポーツ』に対するコメントを複数メディアが伝えた。

【動画】モウリーニョは時代遅れか、ファーガソンの呪縛か。苦闘のマンUで”飼い殺し”の5人

 アヤックス、バルセロナ、オランダ代表、バイエルン・ミュンヘンを率いたファン・ハール氏は、2016年にマンチェスター・ユナイテッドの指揮官を解任されたあと、監督業から離れている。

 同氏によると、「今でも多くのオファーがある」とのこと。それでも現在は状況が違うようで、「断ることができないオファーが届いている」と述べ、監督業再開を示唆した。

 ファン・ハール氏は、8月か9月までに新しい仕事を始めていなければ、監督業から引退するとも話している。

 8月に67歳になるファン・ハール氏。「断れないオファー」はどこから届いているのだろうか。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)