ここから本文です

天皇賞・春の穴馬3頭。うち1頭は「くれば蔵が建つ」レベルの破壊力

4/27(金) 7:40配信

webスポルティーバ

 4月29日に行なわれる伝統のGI天皇賞・春(京都・芝3200m)。今年は、古馬中距離路線の主力級がGI大阪杯(4月1日/阪神・芝2000m)を最大目標とし、同レースの上位勢がここに向かってこなかったため、「主役不在」の混戦模様となっている。

【写真】天皇賞・春、有力馬の状況は?

 こうなると、期待したくなるのは当然”大荒れ”のシナリオだ。3200mの長距離戦だからこそ、人気の盲点となったステイヤーが距離適性を武器にして大仕事をやってのけてもおかしくない。

 実際、この舞台はそんな大波乱がしばしば起きている。

 2009年には、12番人気のマイネルキッツが金星を挙げた。重賞未勝利だった同馬が長丁場のレースで真価を発揮。単勝配当は4650円もついた。

 さらにすごかったのは、2012年。圧倒的1番人気のオルフェーヴルが11着に沈むなか、14番人気のビートブラックが勝利。その結果、単勝が1万5960円の万馬券となり、2着トーセンジョーダン(3番人気)、3着ウインバリアシオン(2番人気)との3連単に至っては、145万2520円という超高配当となった。

 今年も、そんな波乱の展開を夢見て、この舞台で花開く穴馬を探してみたい。参考にするのは、前述のマイネルキッツとビートブラックだ。

 マイネルキッツは、それまで2000mのGIIIで2度の2着があったものの、重賞勝ちはなかった。そのため、天皇賞・春の前哨戦となるGII日経賞(中山・芝2500m)でも7番人気の低評価だった。

 しかしそこで、その人気に反発して2着と好走すると、続く天皇賞・春でも12番人気の前評判を覆(くつがえ)して、重賞初勝利をGIで決めた。

 日経賞で2着となっても天皇賞・春で人気が上がらなかったのは、メンバーの厚みが増したことがひとつ。もうひとつは、日経賞でさえ人気薄だったため、その結果がフロックと見られてしまったのだろう。

 ちなみに、2014年に12番人気で3着に突っ込んできたホッコーブレーヴも、直前の日経賞で10番人気ながら2着と健闘していた。マイネルキッツと同じパターンだ。

 今回も狙うべきは、この臨戦過程を踏んでいて、しかもいまだ重賞タイトルがなく、人気が上がりにくい馬だ。

 ぴったり当てはまるのが、チェスナットコート(牡4歳)である。

 年が明けて、1000万下、1600万下と連勝した同馬は、前走で日経賞(3月24日)に挑戦。初の重賞ということもあって7番人気にとどまったが、重賞戦線で活躍する面々を蹴散らして2着と奮闘した。

 現在の勢いはもちろん、マイネルキッツ同様、距離を伸ばして安定した成績を残しているのはプラス材料。舞台適性も高そうな気配である。

 とはいえ、マイネルキッツがそうだったように、メンバーの厚みがさらに増すGIでは、人気がそこまで上がることはないだろう。であれば今回、マイネルキッツの再現を狙ってみるのも悪くない。

 続いて、2012年の勝ち馬ビートブラック。同馬は2走前のGIIIダイヤモンドS(東京・芝3400m)で6着、前走のGII阪神大賞典(阪神・芝3000m)で10着と惨敗を喫し、この成績から人気が急落していた。

 ただ、好走する材料はあった。もともと3歳時にGI菊花賞(京都・芝3000m)で3着になるなど、長距離戦での好走歴があったのだ。また、前年の天皇賞・春にも参戦し、7着に終わったが、同じ舞台で経験を積んでいた。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

Sportivaムック
5月10日(木)発売

定価 本体1,593円+税

フィギュア特集『羽生結弦 王者の凱旋』
■仙台凱旋パレード
■平昌オリンピック名場面集
■世界選手権プレイバック