ここから本文です

日本ハムが悩むファンサービスの形。選手も感情を持つ1人の人間である。

4/27(金) 8:01配信

Number Web

 2018年、みんなで苦悩している案件がある。

 北海道日本ハムファイターズが誕生して15年目の節目を、今シーズン迎えている。選手も、球団職員も全員で共有している揺るがない理念がある。

【写真】清宮も昔、二刀流だった!? 小学校→高校の秘蔵写真。

 “Fan Service 1st(ファンサービス・ファースト)”

 ファンの方々を、第一に考える。そのマインドに則って、選手たちはプレーをする。職員たちは業務にあたる。ファンの方々への敬意と感謝を胸に刻み、日々を過ごしている。ルーキーに対しては入団時の講義などで徹底的に、その意義をレクチャーする。在籍中の選手に対しては、その精神が少しでも揺らいだような言動が見受けられた場合には、注意喚起をする。

 具体例を挙げれば全力疾走を怠ったりすることが、それに該当する。ファンの方々に失礼にあたる、との概念からである。また状況に応じて可能な限り、リクエストに応じようとも呼び掛けてある。サインをする、握手をする、また記念撮影をする……など適宜、ニーズに応えようという方針は、全員一致で共有されている。

今年、鎌スタで頻発したトラブルについて。

 年明けから、残念な事態が発生した。

 新人合同自主トレーニングを行っているファーム施設の「ファイターズ鎌ケ谷スタジアム」(通称:鎌スタ)で、トラブルが頻発した。

 ありがたいことに例年以上に、多くの方々に日参いただいた。ファンの方々と選手との距離が近いことが、鎌スタの特長である。

 選手を、また練習シーンを間近で見たいというファンの方々に足を運んでもらっている。

 北海道から、わざわざ訪れる人も多いと聞く。感謝の思いしかないのが、球団職員の本音。選手たちも、同じである。

 今年の新人合同自主トレは例年以上に、活況だった。

 大半の方々には温かい声援をいただき、選手たちも触れ合いを楽しみ、日々の活力にしていた。ただごく一部の来場した方々との間では、残念なトラブルが起きた。

活字にしたくない、できないような強烈な言葉が。

 練習メニューの合間や、練習後に、選手たちは球場から合宿所まで徒歩で移動する。設置した柵を隔てた形にはなるが、最も双方の距離が近づく時である。その間が、選手がサイン対応などのファン・サービスができるベストのタイミングで、スペースである。

 手前味噌ではあるかもしれないが、多くの選手たちは基本、ファンの方々からの要望に応じている。広報の立場として、選手の姿勢に敬服することが多い。身びいきではなく、本音である。

 ただ前述した、ごく一部の方々には対応したくても、できなかった選手が多数いた。素通りせざるを得なかった選手に対して、活字にしたくない、できないような強烈な言葉が飛んできたことがあった。ごく一部の方々の主張を聞く機会もあったが、同調できる部分は皆無に近かった。希望通りのファン・サービスができなく、申し訳ないことが前提ではあるが、私の常識の物差しに鑑みても、受け入れられない主張が多かった。1月だけではなく、開幕後にも同様のケースがあった。とても残念でならない。

 これは一例である。もちろん冒頭で断って記したように、ごく一部のファンの方々の場合である。反面、脚色も誇張もしていない事実でもある。

1/3ページ

最終更新:4/27(金) 12:36
Number Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sports Graphic Number

文藝春秋

952号
5月17日発売

特別定価600円(税込)

平成ダービー最強伝説。~総力特集 第85回東京優駿~

【平成最後の栄冠に輝くのは】 ダノンプレミアム/エポカドーロ