ここから本文です

レアルが158億円でディバラ獲得を決断か レフティーFW“玉突き移籍”の可能性も浮上

5/1(火) 15:00配信

Football ZONE web

ペレス会長が指名とスペインメディア ユベントスは132億円でグリーズマン獲得に動くか

 UEFAチャンピオンズリーグ(CL)3連覇に向けて歩みを進めているスペインの強豪レアル・マドリードは、来季に向けた前線の補強にユベントスのアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラを指名したという。スペインメディア「ドン・バロン」が報じている。

【動画】「将軍」「宝」と称賛の嵐 ユベントスのエースFWディバラの“デジャブFK弾”

 記事ではレアルのフロレンティーノ・ペレス会長が、来季の補強としてディバラ獲得を決断。ユベントスに移籍金1億2000万ユーロ(約158億円)を提示することを決めたとしている。

 ユベントスは伝統的に適正価格のオファーが届いた上で、選手の希望があれば名手であっても放出してきた。かつて「10番」を背負った先輩である元イタリア代表FWアレッサンドロ・デル・ピエロ氏も、「ユベントスでは、誰も非売品になることはできない」とコメントして、その伝統を説明したことがある。

 ユベントスは来季に向けた補強として、アトレチコ・マドリードのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンの獲得を目指し、移籍金1億ユーロ(約132億円)で、競合するバルセロナと同等かそれ以上の年俸というオファーを提示していると現地メディアでは報じられてきた。

 果たして、同じ左利きのストライカーによるスペインとイタリアを挟んだ“玉突き移籍”は実現するのか。ディバラの去就は、今夏移籍市場で大きな注目を集めることになりそうだ。

Football ZONE web編集部

最終更新:5/1(火) 21:57
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新