ここから本文です

ミシャサッカーを将棋的に見ると?野月浩貴八段が驚く「選択肢と手数」。

5/1(火) 10:31配信

Number Web

 北の大地に、こんなにも早く“ミシャ式”が芽吹くとは、というところだろうか。

 今季から「ミシャ」ことミハイロ・ペトロヴィッチ監督が就任した北海道コンサドーレ札幌が好調だ。

【動画】鮮烈なミシャ式!柏戦・都倉の決勝弾。

 リーグ戦開幕直後は1分け2敗スタートで前途多難かと思いきや、そこからの8試合は3連勝を含む5勝3分け。J1では2ケタ順位が定位置だった札幌にとって、混戦ムードとはいえ現在ACL圏内につけているのだから最高のスタートダッシュと言っていいだろう。

 第8節・柏レイソル戦でのこと。先制を許しながらもすぐさま追いついた札幌は、試合終盤に都倉賢のダイビングヘッドで2-1の勝利を挙げた。

 試合後、選手は口々に手ごたえを話していた。

 「少しずつミシャのサッカーが浸透してきています。昨シーズンとは違うサッカーを見せられていると思います」(兵藤慎剛)

 「今のサッカーでいけば、相手に対して脅威を与えられる」(三好康児)

 これまでの札幌は粘り強い守備をベースに、耐えて勝ち点をもぎ取る印象が強かった。その一方でペトロヴィッチ監督と言えば、ボール支配率で相手を圧倒する能動的なスタイル。大きな方向転換となったわけだが、思った以上に早く好循環に入っているのかもしれない――。そう感じる90分間だった。

サッカーフリークの将棋棋士・野月浩貴。

 この札幌の変貌ぶり、そして「可変システム」と表現される独特の戦術は、ファンの中でどのように受け入れられているのか。

 それを聞くなら、もってこいのサポーターがいる。

 将棋棋士の野月浩貴八段だ。

 ご存知の通り、将棋は昨年からブームの真っただ中。そして実は「ポジショニングゲーム」という共通点からか、サッカー好きの棋士は数多い。

 特に野月八段は札幌市が故郷と言うこともあり、コンサドーレをゴール裏で応援する熱心なサポーターだ。対局や仕事の合間を見つけては、ユース世代を含む国内サッカー、そして海外リーグも観戦するほどのサッカーフリーク。テンポの速いイングランドサッカーからヒントを得て、「横歩取り8五飛」という戦法を駆使した逸話まである筋金入りだ。

1/4ページ

最終更新:5/1(火) 12:31
Number Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sports Graphic Number

文藝春秋

952号
5月17日発売

特別定価600円(税込)

平成ダービー最強伝説。~総力特集 第85回東京優駿~

【平成最後の栄冠に輝くのは】 ダノンプレミアム/エポカドーロ