ここから本文です

吉田麻也、まさかの中東移籍? 現地メディアが合意報道。昨年はACL決勝に進出

5/2(水) 6:29配信

フットボールチャンネル

 サウジアラビア1部のアル・ヒラルが、サウサンプトンに所属する29歳の日本代表DF吉田麻也の獲得を狙っているようだ。1日にサウジアラビアメディア『マンシート』が報じている。

【動画】本田圭佑、実は200ゴール決めていた!?知られざるプライベートにも迫る!

 同メディアによると、アル・ヒラルのサーミー・アル=ジャービル会長が「我々は外国人ストライカー、外国人ディフェンダーとの交渉を終えた。両方とも非常に高いレベルで神は喜んでいる」とツイッターを通じて語っており、外国人ディフェンダーとされる選手が吉田だという。契約の詳細や項目全てに合意しており、契約の発表のみが残っていると報じた。

 吉田は昨年8月24日、自身の誕生日にサウサンプトンと2020年6月までの契約を結んでいる。今季は公式戦26試合に出場しており、フル出場を果たした試合も少なくはない。アル・ヒラルはサウジアラビアの強豪クラブで、昨年はAFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝まで駒を進めている。果たして、中東のクラブに移籍する可能性はあるのだろうか。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ(9月19日)