ここから本文です

つまらないケンカをなくすためのテクニック

5/3(木) 23:10配信

ライフハッカー[日本版]

付き合ってから数年たつと、ささいなことで恋人とケンカをすることが多くなります。重箱の隅をつつくように日常生活の細かいことをあげつらうのは、どこかむなしさを感じますし、いつの間にか、自分が理不尽で怒りっぽくなっていることに気付いているはずです。しかし、ケンカの途中に自分を止めるのは至難のわざです。そこで今回は、むなしい言い争いをやめるための簡単なテクニックをお教えします。

【画像】つまらないケンカをなくすためのテクニック

無意味な言い争いを友だちやクライアントに聞かれたことは、数え切れないほどあります。ゆで卵の正式な作り方、日焼け止めは必要かどうか、「envelope(封筒)」の正しい発音、シャツは紺と黒のどっちがいいか、最後に母親に電話したのはいつかなどなど、内容は本当にささいなことです。しかし、この手のつまらないケンカがフラストレーションになったり、わだかまりを生んだりするのは言うまでもありません。同じことを何度も言い争っていると、何も解決することができないような気がしてきます。

なぜ言い争うのでしょう?

そもそも、ケンカは良くないとわかっているのに、恋人同士はどうして言い争うのでしょう? 本当に困っていることを正直に話すのが怖いから、というときもあります。それで、フラストレーションを発散するために、無意味なケンカを吹っかけるのです。相手よりも自分の方が優位だという感覚になりたくて、あら探しをすることもあります。適切なコミュニケーションができず、ケンカになってしまうこともあります。

しかしほとんどの場合、「自分が正しい」ということを互いに主張するのがケンカです。社内でケンカしているカップルを見ていると、どちらも自分の判断に固執していると気付くことがあります。ほとんどのカップルのケンカには、完璧主義の要素があります。もちろん、慎重に考えて決断しなければならないこともありますが、そんなに重要でないことも数多くあります。大したことない選択について言い争うことで、あまりにもエネルギーを無駄遣いしています。

こんなことが起こるのは、私たちが、毎日絶え間なく選択を迫られているからかもしれません。ドラッグストアに歯磨き粉を買いに行くだけでも、ホワイトニング? 口臭予防? 歯石除去? 知覚過敏用? など、どれを選べばいいのかわからなくなります。だんだんと、すべての選択肢が重要な気がしてきます。そして、このような考えが恋愛にも影響を及ぼし、誕生日パーティーに持っていくプレゼントは何にするか、何時に夕食に出かけるかのような、どうでもいいことでケンカになるのです。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

ガジェットなどを駆使し、スマートに楽しむ仕事術「Lifehack」。「ライフハッカー[日本版]」では、その言葉を広義に捉え、生活全般に役立つライフハック情報を日々お届けします。