ここから本文です

誌上講義 親子でトライ(2) カリスマ講師・出口汪が教える論理力

2018/5/5(土) 7:00配信 有料

週刊東洋経済

イラスト:関 祐子

<2018年5月12日号> 「論理を身に付けることは、自分の物事の見方を外側へ広げていくことだ」

東進ハイスクールなどの予備校で長年、現代文を指導してきた出口汪氏はそう話す。論理とは、自分の考えを正確に理解してもらうため、相手に対して筋道を立てて伝える技術のことだ。

出口氏は著書『出口式 親子で学ぶ はじめての論理国語』(下写真)の中で、「身内を意識すると言葉は省略に向かい、他人を意識すると言葉は論理に向かう」と説明している。知っている人同士であれば、ある程度言葉を省いても意味は通じる。だが、初めて会った人に自分の思いや考え方を正しく伝えようとするときは、身内同士のやり取りと同じでは通じない。 本文:1,037文字 写真:8枚 ...

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108
    使えます

記事購入にも使える108ポイント獲得できるチャンス

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

宮本 夏実 :東洋経済 記者

最終更新:2018/5/5(土) 7:00
週刊東洋経済

おすすめの有料記事

使えます

もっと見る