ここから本文です

区長日程表を「毎日廃棄」 公文書を捨てまくる杉並区

5/8(火) 10:48配信

週刊金曜日

 財務省決裁文書改竄や防衛省日報問題など、国政で、公文書・行政文書の信頼性・管理体制が問題になっているなか、東京都杉並区・田中良区長の日程表が、公文書としての管理がなされないまま「毎日廃棄」されている事実が発覚した。杉並区文書等管理規程に違反している疑いがあるが、あらためられる気配はない。

 問題が発覚したのは3月6日の予算特別委員会。山田耕平委員(共産)が、区長の公用車の私的利用を指摘した際、林田信人秘書課長が、区長の日程表を毎日廃棄している旨答弁した。

 文書等管理規程は、公文書の分類・管理を義務づけた上で、1年~長期(永年)の保存期間を設定している。林田秘書課長の答弁に疑問を感じた筆者は、3月14日付で「区長日程表」の開示を求めて情報公開請求した。結果、前日の3月13日までのものはすでに「廃棄ずみ」扱いにされていた。

 秘書課に廃棄の根拠を尋ねると、「文書分類表に記載がなく、保存する必要のない文書なので、廃棄できる」と説明した。また、文書等管理規程には例外的に「保存を要しない文書等」を「随時」廃棄できるとの規定があり、区長日程表はこれに該当するという。

 だが、規程をみると、公文書はすべて分類して管理せよと定めている。日程表を分類・管理していないこと自体が問題ではないのか。そう尋ねると、「保存が不要だから分類しなくてよい」と苦しい釈明が返ってきた。

 廃棄を中止するよう秘書課や議会に申し入れたが「毎日廃棄」の方針はやめないという。やむなく筆者は現在、情報公開請求を毎日行なって廃棄を食い止めている。

 一方、区議会議長の予定表についても、同様に毎日廃棄されていることが判明した。文書管理がなされずに「随時」廃棄されている公文書はほかにもありそうだ。

 杉並田中区政の腐敗は深刻だ。

(三宅勝久・ジャーナリスト、2018年4月20日号)

最終更新:5/8(火) 10:48
週刊金曜日

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊金曜日

株式会社 金曜日

7月20日号(1193号)
2018年7月20日発売

定価 580円(税込み)

■ありえない!安倍3選
●虚偽と隠蔽が居座るのか
●安倍晋三首相のデタラメ国会答弁
●自民党は本当に3選を許すのか

Yahoo!ニュースからのお知らせ