ここから本文です

【ルヴァン杯】C組はG大阪が突破に逆王手!敗れた広島は3位転落...代わって浦和が首位浮上!

5/9(水) 21:56配信

SOCCER DIGEST Web

2点差を跳ね返したG大阪。若武者たちの活躍で2位に順位を上げた

 ルヴァンカップの5節のG大阪対広島が5月9日に行なわれ、G大阪が広島を3-2で下した。広島は勝てばグループステージ(GS)突破が決まる状況だったが、G大阪が後半に意地を見せる形となった。

【写真】美しくて可愛い! W杯スターの「美女パートナー」たち

 試合は立ち上がりから広島のペース。先発で起用された渡大生などがアグレッシブにゴールへと迫ると、7分にペナルティエリア内でボールを受けたフェリペ・シウバが巧みな持ち出しから右足を振り抜く。鮮やかなコントロールショットがネットに突き刺さり、広島が幸先よく先制点を奪った。
 
 続く24分には、得意のドリブルで仕掛けた渡が右足でシュートを沈め、リードを2点に広げる。
 
 しかし、後半はG大阪が猛反撃を仕掛ける。青黒軍団は52分に食野亮太郎のゴールで1点差に迫ると、58分にピッチに送り込まれた22歳・妹尾直哉が躍動。65分に目の覚めるようなミドルシュートを叩き込み、アウェーチームが同点に追いつく。

 こうなると、G大阪の攻撃は止まらない。同点に追いついた直後の70分。西野貴治がセットプレーから値千金の勝ち越し弾を奪い、僅か20分で3ゴールを奪ったG大阪が広島から逆転勝利を収めた。
 
 また、浦和対名古屋は、32分にマルティノス、65分に李忠成がゴールを奪い、浦和が2-0で勝利している。この結果、Cグループは前節を終えて3位だったG大阪が2位に浮上。そして、首位だった広島は3位に転落した。代わって1位の椅子には浦和が座り、勝点2差に3チームがひしめく混戦模様で最終節を迎える。

最終更新:5/9(水) 21:56
SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ(9月19日)