ここから本文です

人気高まるゲーミングPC ゲーム動画でユーザー拡大

5/10(木) 10:12配信

NIKKEI STYLE

 オンラインゲームや凝ったグラフィックのゲームを楽しむための高性能パソコン「ゲーミングPC」の人気が高まっている。調査会社GfKジャパンによると、2017年の個人向けパソコンの国内販売は、全体では前年比98%だったが、ゲーミングPCに限ると135%、金額では143%と好調。販売店には小中学生も訪れるという(記事「高くても売れる『ゲーミングPC』 小中学生にも人気」参照)。家庭用ゲーム機やスマートフォン(スマホ)が強く、パソコンでゲームを楽しむ人は少ないといわれてきた日本で、20万円を超えるモデルも珍しくないゲーミングPCがなぜ売れるのか。実際にゲーミングPCを販売するメーカーをたずね、人気の理由を探る。今回は「ALIENWARE」(エイリアンウエア)というブランドを持ち、積極的にゲーミングPCに取り組んできたデルの柳沢真吾氏に話を聞いた。

■身近になってきた海外ゲーム

――ゲーミングPCの売り上げが好調です。ただし、これまでPCゲームについては「海外では一般的だが、日本では一部のマニア向け」といわれていました。まずは日本と海外のゲーム市場の違いについて教えてください。

 日本と海外のゲーム市場にはさまざまな違いがありますが、中でも大きな違いはカテゴリーでしょう。海外ではPCゲーム、スマホゲーム、プレイステーションやニンテンドースイッチのようなコンソール(家庭用ゲーム機)ゲームの割合がバランスよく存在していますが、日本ではPCゲームが極端に少なく、最も多いのがスマホゲーム、続いてコンソールゲームという順です。さらに詳しく見ていくと、スマホゲームとコンソールゲームのいずれも、国産コンテンツで遊ばれているケースが圧倒的に多いんです。

――なぜそんなに違いがあるのでしょうか。

 一番大きな違いは、ゲームの成り立ちでしょう。日本のゲームメーカーは、日本のアニメや少年誌のキャラクターなどを反映した日本独自のコンテンツを提供しているのが特徴で、海外とはずいぶん異なります。現在の国内ゲーム市場は、そういった文化やコンテンツをうまく活用できている日本のゲームメーカーが活躍している状況にあります。

――そんな日本でゲーミングPCが好調な理由は?

 理由の一つはインターネットの普及で、海外製ゲームが身近になってきたからでしょう。

 最近は動画配信サイトで、自身がプレーするゲームの動画を配信する「ストリーマー」が増えています。海外の人気ストリーマーのプレーも簡単に見られる。彼らは海外製のゲームをプレーしているので、国内でも海外のPCゲームが注目されるようになってきました。16年の日本ゲーム大賞で「フォールアウト4」(※未来の世界を舞台としたロールプレイングゲーム)や「ウィッチャー3」(※架空の世界を旅するロールプレイングゲーム)などの海外タイトルが複数、名を連ねました。これは、数年前では考えられなかった現象です。

 また昔は海外製ゲームはなかなか手に入れることができませんでしたが、最近は興味を持ったゲームをオンラインで簡単に購入できるようになっています。海外のゲームをダウンロードで購入できる「Steam(スチーム)」というプラットフォームが国内ゲームプレーヤーにも知られるようになったことも、層の広がりにつながっています。

 またゲーミングPCは高性能なパソコンで、ゲームしかできないわけではありません。ゲーム以外の理由で選ぶ人もいます。

1/2ページ

最終更新:5/10(木) 10:12
NIKKEI STYLE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフスタイルに知的な刺激を。
生活情報から仕事、家計管理まで幅広く掲載
トレンド情報や役立つノウハウも提供します
幅広い読者の知的関心にこたえます。