ここから本文です

「プロレス総選挙2018」第4次速報。あの選手が1位・内藤哲也を猛追撃!

5/10(木) 18:41配信

Number Web

 2018年現役最高のレスラーを決める「プロレス総選挙」が、開始から約1カ月(5月10日12時時点)で投票者数3万8000人を突破いたしました。

 上位10位までに入った選手は必ず誌面に記事を掲載し、1位に輝いた選手が7月10日発売予定のNumber PLUS「プロレス2018(仮)」の表紙を飾ります。

 第4次開票速報、TOP10選手を発表いたします。

 第10位は…鈴木みのる選手(パンクラスMISSION所属)

 初日速報8位、第2次速報9位、第3次速報10位。今年50歳を迎える“世界一性格の悪い男”は、順位をキープしております。

 続いて9位は…カイリ・セイン選手(NXT所属)

 初日速報47位、第2次速報44位、第3次速報27位。昨年9月、WWE史上初の女子トーナメント「WWEメイ・ヤング・クラシック」で優勝した「海賊姫」。一気に票を伸ばしました。

 第8位は…飯伏幸太選手(飯伏プロレス研究所所属)

 初日速報6位、第2次速報6位、第3次速報8位。抜群の運動神経と自由なキャラクターでバラエティ番組出演もこなすレスラーは順位をキープ。

 続いて第7位は…木村花選手(WRESTLE-1所属)

 初日速報25位、第2次速報10位、第3次速報6位。木村響子を母に持ち、グラビアでも活躍する女子レスラーは1ランクダウン。

 第6位は…ケニー・オメガ選手(新日本プロレス所属)

 初日速報5位、第2次速報5位、第3次速報7位。1.4でWWEのクリス・ジェリコと戦い、6月9日にオカダ・カズチカとヘビー級のベルトを賭けて戦う実力者が1ランクアップ。

あの選手が1位・内藤哲也を猛追撃!

 第5位は…黒潮“イケメン”二郎選手(WRESTLE-1所属)

 初日速報11位、第2次速報7位、第3次速報3位。昨年は6位に輝いたナルシスト。前回急激に票を伸ばし一時はトップ3入りを果たすも、ここで2ランクダウン。

 第4位は…オカダ・カズチカ選手(新日本プロレス所属)

 初日速報4位、第2次速報4位、第3次速報5位。5月4日に棚橋弘至を下し、IWGPヘビー級V12の防衛新記録を打ち立てた“レインメーカー”が、1つ順位を上げました。

 第3位は…中邑真輔選手(WWE所属)

 初日速報3位、第2次速報3位、第3次速報4位。5月6日、AJスタイルズに挑むも、同時の急所蹴りで両者KO。王座獲得は果たせなかったものの、米国で話題を呼ぶ男がランクアップ。

 第2位は…棚橋弘至選手(新日本プロレス所属)

 初日速報2位、第2次速報2位、第3次速報2位。5月4日はオカダ・カズチカに敗れたものの、捨て身の戦いで「棚橋コール」を巻き起こした「100年に1人の逸材」。順位はキープですが、1位にわずか138ポイント差まで追い上げております! 

 そして第1位は…内藤哲也選手(新日本プロレス所属)

 初日速報1位、第2次速報1位、第3次速報1位。鈴木みのるを破り、クリス・ジェリコとの対戦が決まった「制御不能なカリスマ」。依然として首位ですが、棚橋選手の猛追を振り切れるか。

 最後に、現時点での10位までの順位は以下のようになっております。

 1位 内藤哲也 15907P
2位 棚橋弘至 15769P
3位 中邑真輔 13869P
4位 オカダ・カズチカ 10630P
5位 黒潮“イケメン”二郎 7543P
6位 ケニー・オメガ 7013P
7位 木村花 5769P
8位 飯伏幸太 5700P
9位 カイリ・セイン 5662P
10位 鈴木みのる 4689P

 内藤選手の1位は盤石かと思われましたが、棚橋選手の巻き返しで今すぐにでも順位変動の可能性が。中邑選手、オカダ選手も票を伸ばしており、表紙争いは混戦になってきました。

 最後に笑うのは誰なのか――。

 皆様の清く正しく、熱い1票をお待ちしています。

 <プロレス総選挙・投票ページ> http://number.bunshun.jp/list/sousenkyo/2018
<プロレス総選挙・Twitter経過報告アカウント>@sgnprowrestling

(「Number Ex」Number編集部 = 文)

最終更新:5/11(金) 14:36
Number Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sports Graphic Number

文藝春秋

952号
5月17日発売

特別定価600円(税込)

平成ダービー最強伝説。~総力特集 第85回東京優駿~

【平成最後の栄冠に輝くのは】 ダノンプレミアム/エポカドーロ