ここから本文です

“黒ニノ”話題の「ブラックペアン」岡崎紗絵『渡海先生と佐伯教授のシーンで涙が…』

5/12(土) 7:30配信

ザテレビジョン

二宮和也が“オペ室の悪魔”と呼ばれるダークヒーローを演じて話題となっている日曜劇場「ブラックペアン」(TBS系)。手術成功率100%を誇る孤高の天才外科医・渡海(二宮)が、大学病院という巨大組織の不正や隠された過去を暴いていく痛快な医療エンターテインメントドラマだ。傲慢な態度や言動で周囲を翻弄する、謎多き渡海の真意はどこにあるのか? 研修医の塔子役を演じる岡崎紗絵に、気になる今後の展開や緊迫の“手術室シーン”秘話を聞いた。

【写真を見る】あまりの迫力に…「圧倒されました」

――研修医役として、日曜劇場「ブラックペアン」への出演を果たしました。周囲の反響はいかがですか?

シリアスな医療ものということで、学園ものやコメディーなど、これまでの私とはまた違った表情が見られるというご意見をいただいたりすることもあって、とてもうれしかったです。私自身も放送中のドラマを見ていますが、テンポがすごく良くて、グッと入り込めるドラマだと思いました。映像の色彩や流れている音楽もかっこ良くて、いち視聴者としてもとても楽しんで見ています。「どうなっていくんだろう」とこれからの展開が気になりますよね!

――手術室のシーンでの、緊迫したやり取りも話題です。

撮影においても、手術室のシーンは皆さんの集中力や緊迫した空気をダイレクトに感じられる瞬間です。緊張感が張り詰めています。手術室という狭い空間でいろいろな人間関係が見えてくるのが、本作の大きな見どころだと思います。もちろん患者さんは救ってほしいという気持ちがあって、それを救うのが医者。でもその医者側にもたくさんの事情がうず巻いています。その空間にいると、ものすごい場所にいるなと肌で感じます。

――渡海先生の真意がどこにあるのか、とても気になります。今後の展開について教えてください。

渡海先生がギラギラとした目でレントゲン写真を見つめているシーンがありますが、あの写真は何なのかとても気になりますよね。なぜあの写真を見つめているのかも、少しずつに明らかになると思います。鍵となってくるのは、渡海先生と佐伯教授(内野聖陽)の関係性。渡海先生が本当は佐伯教授のことをどう思っているのかも、次第に分かってくると思います。話数が進むごとに謎がひも解けていく感覚があるので、「この行動はこういう意味だったんだ」など分かってきたら、また第1話から見直してみるのも面白いと思います。

――ここに注目しておくとさらに面白い!というポイントを教えてください。

渡海先生と佐伯教授が2人きりになったときの会話や表情、目つきなどに注目してみると、また面白いと思います。2人きりになったときは、渡海先生と佐伯教授の隠しきれない本心が垣間見えるかもしれません。関係性をひも解くヒントになると思います。あるシーンでは、二宮さんと内野さんのお芝居があまりにも迫力があって、自然に涙が出てきてしまったんです。圧倒されました。心を動かされる現場に身を置くことができて、とても貴重な経験をさせていただいているなと思います。(ザテレビジョン)

最終更新:5/15(火) 20:38
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン43号
10月17日

定価:380円

Yahoo!ニュースからのお知らせ(10月17日)