ここから本文です

奈良のとんかつ店が行う“無料食堂”の張り紙に「泣けてくる」「胸いっぱい」の声、店長に聞く

5/13(日) 7:10配信

オトナンサー

「お腹(なか)がすいてもお金がないときや、お子さんにおいしいものをお腹いっぱい食べさせてあげたいときは、コソっと店長に相談してください」

【写真】日替わりメニュー「ロースかつ+唐揚げ定食」

「コソッと無料でお腹いっぱい食べてもらいます」

 奈良市にあるとんかつ店の店頭に掲げられた張り紙が「素敵すぎて泣けてくる」「今涙を流しながらリツイートした」「遠くて食べに行けないけど、胸いっぱいになりました」などとSNS上で評判を呼んでいます。店長に話を聞きました。

豪雪被害県民への支援がきっかけ

「まるかつ無料食堂」という張り紙を5月4日から出しているのは、奈良市神殿(こどの)町にあるとんかつ店「まるかつ」です。2014年9月に創業したばかりの新しい店ですが、県内外から多くの来店があるといいます。

 張り紙には、以下の内容が記されています。

「もしどうしても、お腹がすいても、お家にお金がないときや、お子さんにおいしいものをお腹いっぱい食べさせてあげたいのに、ご事情があってむずかしいときなどは、コソっと店長に相談してください」

「そのときは、店長のおごりで、コソッと無料でお腹いっぱい食べてもらいます」

「お代は出世払いでもいいですし、忘れてもらってもいいです。少しでも元気を出すきっかけになればうれしいです」

 店のホームページには「子どもだけでなく大人や高齢者の貧困などが問題視される中、何かができれば」という店長の思いがつづられています。北陸地方を中心とした豪雪被害を受け、福井県民などを対象に半額サービスも実施中(5月末まで)という金子友則店長(41)に、メッセージに込めた思いを聞きました。

Q.無料食堂を始めようと思ったきっかけは。

金子店長「北陸の人たちを対象にした割引をしてみて、『他人様(ひとさま)のために何かしても、きっと損はない』という気持ちになれたのが大きいです」

Q.無料提供するのは、どのメニューですか。

金子店長「何でもよいという人にはロースかつ弁当(1180円)を予定していますが、リクエストも受け付けます。唐揚げやコロッケも食べて『頑張ろう』と思ってもらえたら」

Q.利用者から反応はありましたか。

金子店長「電話とメールを何件かもらっています。まだ利用はありませんが、『いつでも来てください』という気持ちで待っています」

Q.(子どもたちに無料か安価で食事を提供する)子ども食堂のような形は検討されなかったのでしょうか。

金子店長「ありがたいことに少しずつお客さんが増えているので、一度に多くの人に対応する子ども食堂のような形は難しいのです。私のできる範囲で続けたいです」

Q.失礼な質問とは思いますが、経営的には大丈夫なのでしょうか。

金子店長「そこは頑張ります!」

 全国に広がる子ども食堂は、その存在意義を評価される一方、「本当に支援が必要な子どもが行きづらいのでは」といった懸念の声もあります。金子店長は「お店で食べるのが気まずければ、お弁当のお持ち帰りでも大丈夫」としています。

 SNS上には「応援しています!」「2倍のお金払っても食べたい」「私も誰かに優しくできることを探してみようと思います」などの声が上がっています。

報道チーム

最終更新:5/13(日) 22:15
オトナンサー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

オトナンサー

株式会社メディア・ヴァーグ

日々報じられるニュースの中から気になる話題をピックアップし、掘り下げた記事や、暮らしに役立つ基礎知識などをお届けします。