ここから本文です

5試合中4試合で無得点…浦和のオリヴェイラ監督が考える得点力不足への対策は?

5/13(日) 18:13配信

SOCCER DIGEST Web

「現時点でのオプションは、システム変更も含めて使い切った」

[J1リーグ14節]浦和0-0鳥栖/5月13日/埼玉

 浦和のオリヴェイラ監督が、ホーム初勝利を逃した。14節の鳥栖戦はスコアレスドロー。圧倒的に押し込みながら、相手の身体を張った守備を崩し切れなかった。
 
 指揮官はフラッシュインタビューで試合を振り返り、「非常に残念なことに得点を取る力が足りなかった」と攻撃の迫力不足を指摘。「一方的な展開で、片方が点を取ろうとし、片方がそれを防ごうとする形だった」と優勢に進めながら、勝点1にとどまった試合を嘆いた。
 
 オリヴェイラ体制がスタートした10節の柏戦以降、浦和は1勝1分3敗と黒星が先行し、うち4試合でノーゴールと深刻な得点力不足に陥っている。この鳥栖戦でも「現時点でのオプションは、システム変更も含めて使い切った」(同監督)ものの、最後の詰めを欠いた。
 
 とはいえ、攻撃の形は作れており、指揮官はそこまで現状を深刻には捉えていないようだ。

【写真】美しくて可愛い! W杯スターの「美女パートナー」たち

「次のリーグ戦を戦ったらワールドカップによる中断期に入る。そこでもう一度準備し直して我々が目指すスタイルで後半戦を戦いたい」

 連戦が続いてリカバリーが中心だったここ5試合は、新指揮官にとっても試行錯誤の連続だったのだろう。百戦錬磨の知将が、ここから浦和をどのように変えていくのか興味は尽きない。

最終更新:5/13(日) 18:14
SOCCER DIGEST Web