ここから本文です

「まるでキャプテン翼」 川崎FW小林の豪快ゴールを欧州メディア絶賛「超絶弾」

5/14(月) 6:40配信

Football ZONE web

柏戦で川崎FW小林が圧巻ミドルで同点弾、イタリアとフランスメディアが称賛

 J1川崎フロンターレが12日のリーグ第14節柏レイソル戦に臨み、敵地で2-1と逆転勝利を収めた。川崎のキャプテンを務めるFW小林悠がミドルシュートで同点弾を叩き込んだが、圧巻の一撃をイタリアとフランスメディアも絶賛。「まるでキャプテン翼」「パワフルショット」と評されている。

【動画】「まるでキャプテン翼」「超絶ゴール」と欧州メディア絶賛! 右足を強振…川崎FW小林悠が「20m豪快ミドル弾」

 先制したのはホームの柏。前半32分、MF伊東純也に華麗な一撃を決められた川崎は0-1と劣勢で後半を迎えた。しかし後半13分、昨季J1リーグ得点王&リーグMVPをダブル受賞した川崎のエースFW小林が魅せた。

 川崎は敵陣中央で素早いプレッシングからボールを奪取。こぼれ球を拾った小林がドリブルでボールを持ち運ぶなか、柏も2選手が対応を見せる。小林がややスピードを落としてタイミングを見計らうと、相手ペナルティーエリアの手前から思い切り良く右足を強振。ゴールまで約20メートルの位置から放たれた強烈な一撃は、柏の日本代表GK中村航輔の牙城を打ち破ってネットを揺らした。

 イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」は動画付きで紹介し、「柏レイソル戦で素晴らしい一撃。まるでオーリーとベンジー(『キャプテン翼』のイタリア版タイトル)を見ているようだ」と称えている。またフランスメディア「Football365」も「コバヤシがパワフルショット」と伝え、「力強い一撃で超絶弾を決めた」と褒め立てた。

 後半アディショナルタイムに途中出場のMF鈴木雄斗がJ1初出場初ゴールを決め、川崎が劇的な形で2-1の逆転勝利を収めたが、海外では小林の豪快ゴールが脚光を浴びているようだ。

Football ZONE web編集部

最終更新:5/14(月) 9:25
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新