ここから本文です

記者を「あんた」呼ばわりする男 麻生財務相は なぜ人を不快にさせるのか

5/15(火) 6:40配信

デイリー新潮

問題発言の「総合商社」

 毎日新聞(電子版)が5月13日に報じたが、共同通信が5月12、13日に実施した世論調査で、麻生太郎財務相(77)は「辞任すべき」との回答は49.1%に達したという。

 ***

 辞任賛成と反対が拮抗し、世論が二分している――というわけではないだろう。麻生大臣の問題発言が相次ぎ、嫌忌する有権者が徐々に増えてきているに違いない。振り返ってみると、以下のような具合だ。

◆「福田(前事務次官)の人権は無しってことですか?」(4月17日)
◆「(福田氏が被害女性に)はめられて訴えられているんじゃないかとか、世の中に意見もある」(4月24日)
◆「『セクハラ罪』という罪はない」(5月4日)

 こうして並べてみると、文字通りの「問題発言製造マシーン」だ。世論を逆撫でする主張を順調に積み重ねていく様子は、もはや感心してしまうレベルに達している。

 ところで、麻生大臣がマスコミの取材に応じる際、記者を「あんた」と呼ぶ場面が少なくないことをご存じだろうか。

朝日新聞の記者に「あんたら」

〈「あんた記者やってんだからさ、もっとまじめに人の話を聞いて」(3月28日・平成30年度予算成立後)〉
◆産経新聞電子版5月6日【相次ぐ不祥事…麻生財務相イライラも記者への“口撃”はHPから削除】より

〈森友問題を巡っては、「安倍晋三記念小学校」と報じた朝日新聞を首相が国会で繰り返し批判するなど、政権を挙げて火消しに躍起になっていた。参院予算委前には、麻生氏が記者会見で「捜査に協力しないという印象には書くなよ。あんたらの書き方は信用できないから」と同紙をけん制する場面もあった〉
◆毎日新聞3月3日【森友学園:国有地売却問題 文書改ざん疑惑 続く「森友」政府防戦 財務省「6日説明」】より

 記者だけでなく、労働組合の関係者を「あんた」と呼んだこともあるようだ。

〈私のことですから、会うたびに連合の方やら何やらに申し上げてきています。全然おかしいですよ。何であんたの労働組合は民進党をやっている? 我々の方がよっぽど労働組合のためになっているんじゃないですかね。(福岡県飯塚市での新春国政報告会で)〉
◆朝日新聞デジタル(発言録)1月14日【「連合、陳情は自民。選挙は民進。あほらしい」 麻生・副総理】より

1/4ページ

最終更新:5/15(火) 11:35
デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売
「新潮45」毎月18日発売

「デイリー新潮」は「週刊新潮」と「新潮45」の記事を配信する総合ニュースサイトです。