ここから本文です

実働250時間で儲けは58円…ネット副業は失敗する人のほうが多い

5/15(火) 9:00配信

週刊SPA!

「インターネットで稼ぐのは当たり前の時代」といえど、勝者はほんの一握りといわれる。そこで大多数の負け組たちが、ネット副業の地獄をとくと語った

◆収益ゼロと重労働に心折れ、早々にサイトを閉鎖

「好きなテーマだし、苦にならない自信はあったんですが、そういう問題じゃなかった」

 ウェブデザイナーの坂口恭也さん(仮名・37歳)はそう言って肩を落とす。彼が思いついたのは、趣味のクラフトビールのポータルサイト運営だった。クラフトビールのレビューや店紹介、コラムなどを配信し、広告やアフィリエイト収益に繋がると考えたのだ。セミナーに通い、ノウハウを学んだ後、独自ドメインまで取るほど気合いを入れてスタートさせた坂口さんだったが、問題はその後。

 少しでもサイトを上位に表示させるため、Googleで上位のライバルサイトを検索・分析し、勝てるよう既存の記事のリライト作業も週に一回は行ったのだが……。

「しんどい割にはたいして効果がない。そもそも、クラフトビールなんて書かれていることはどこも似通っている。だからこそサイトの個性が重要だったのですが、SEOから外れるのを恐れて当たり障りのない記事しか書けなかった。新規の記事追加と並行させると作業が手に負えなくなり、次第に更新しなくなっていきました」

 それでも毎月ドメイン代、サーバー代がかかるため、一年もたたずに閉鎖。実働のべ250時間で収益は58円。徒労感だけが残った。

「もうビールを見るだけで吐き気がする。好きなことが収益に繋がる人はラッキーですね」と、語る坂口さんだった。〈取材・文/週刊SPA!編集部〉

※週刊SPA!5月15日発売号「[ネット副業は生き地獄]だった!」特集より

日刊SPA!

最終更新:5/15(火) 9:00
週刊SPA!

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊SPA!

扶桑社

2018年5月29日号
05月22日発売

¥420

・中年男(オジサン)の30年史
・W杯日本代表がロシアで勝つ方法
・京大「立て看板」強制撤去を追う
・「純愛おじさん」事件簿