ここから本文です

ロマンティックが止まらない! 世界に1台、RE雨宮製ロードスター

5/16(水) 14:02配信

日刊カーセンサー

車は単なる移動の道具ではなく、大切な人たちとの時間や自分の可能性を広げ、人生をより豊かにしてくれるもの。車の数だけ、車を囲むオーナーのドラマも存在する。この連載では、そんなオーナーたちが過ごす愛車との時間をご紹介。あなたは、どんなクルマと、どんな時間を?

“個性的”レベルを超えたスペシャルな1台

「世界にひとつだけの……」というフレーズで有名な曲があるが、人はそれぞれ見た目や性格が違う“個性”というものがあり、それが素敵なのだという意味の曲と勝手に理解している。
一方、愛車と呼ばれる車たちも間違いなく「世界にひとつだけの車」であり、はたからは同じように見えても1台1台に大なり小なり違いがある。特に人とは違う個性的な車を求める人の多くは“希少車”や“カスタマイズ”を求めることが多い。
今回お会いした黒木さんの愛車は「個性的な」というより、むしろカスタマイズによって車種の枠すら超えてしまったスペシャルな1台、聞けば聞くほどロマンティックなまさに世界にたったひとつだけの車だった。

ん? なんだ!? 見たことないあの車は……

「小中学生たちが“へんてこなポルシェ”と呼んでいるのを聞いたことがあります(笑)」と黒木さんは笑うが、この車は一体……。
「有名なチューニングショップのRE雨宮が制作したデモカーなんです」
確かに車体側面には“RE雨宮”のステッカーが貼ってある。聞けば、ベース車両は2代目ロードスター(NB型)だが、ボンネットの中にはRX-8のロータリーエンジンが収められており、外装や塗装はもちろん内装まで丁寧に手が加えられているRE雨宮製のデモカーなんだそうだ。
時は2015年のオートサロン。“マツダ好き”な黒木さんはRE雨宮から出品されていたこの車に一目ぼれしてしまった。必ずいつか売りに出されると思い、雨宮さんのHPをチェックしていたそう。
そして一昨年、ふと雨宮さんのブログにアップされた写真奥に、この車が写っていたのを発見したのだ。

欲しいのに即決できない。いや、欲しすぎたが故に即決できないのか

黒木さんは、その車のフロントガラスにプライスボードらしきものが映りこんでいるのを見逃さなかった。速攻で電話をして売り出されていることを確認するやいなや、その週末にショップへ訪問。
ただ価格を聞いても即決ができなかった。次の週末も訪問し試乗までさせてもらったが、まだ決められない。前から憧れていた1台。欲しいからわざわざ会いに行くのにいざとなると即決できない。
この心情、わかる気がする。
例えば、憧れの異性と付き合える最大のチャンスが到来しているのに……。いや、心の準備なく突然チャンスがやって来てしまったが故に、フリーズしてしまうという状況と似ているかもしれない。
それほどまでに黒木さんにとっては“特別”な車だったということだろう。

1/2ページ