ここから本文です

錦織はディミトロフに勝てる 鍵はフィジカル、英メディア展望「体が持ち堪えれば」

5/16(水) 12:08配信

THE ANSWER

錦織が有利? イタリア国際2回戦で世界4位ディミトロフと激突

 テニスのイタリア国際は16日、男子シングルス2回戦で世界ランク24位の錦織圭(日清食品)が同4位のグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)と対戦する。右手首から完全復活を目指す日本のエースに難敵が立ちはだかるが、海外メディアは体力面をカギに挙げ、「体が持ち堪えることができれば、ディミトロフから勝利をテイクアウトできるだろう」と予測している。

【画像】まるでローマの休日? 錦織が真っ赤なベスパにまたがる「グッドスマイル」写真を公開

 錦織は14日の1回戦で世界ランク33位のフェリシアノ・ロペス(スペイン)に7-6、6-4でストレート勝ち。1時間48分の熱戦を制し、2回戦に駒を進めたが、立ちはだかるのがディミトロフだ。過去、3勝1敗と勝ち越しているが、昨年11月のATPファイナルズを制した26歳が、強敵であることは間違いない。

 日本のエースはどう挑むのか。展望したのは英テニス専門メディア「LiveTennis」だ。

「怪我に苦しんできたニシコリの今の世界ランクは24位だ。モンテカルロでは、決勝でラファエル・ナダルに敗れたものの、その前にはトマーシュ・ベルディハ、マリン・チリッチ、アレクサンダー・ズベレフをなぎ倒し、準優勝に輝いており、彼のクレーコートシーズンは幕を開けている」

 記事ではモンテカルロ・マスターズで快進撃を演じた錦織の好調ぶりを認めている。

課題となるのはフィジカル面「体が持ち堪えることができれば…」

「一方で、バルセロナではコンディションの問題で棄権することになり、マドリードではいきなりのノバク・ジョコビッチ戦という過酷なドローを強いられた。それでも彼のクレーコートでのプレーはみるみる良くなってきており、トップ10に在籍するディミトロフの座を奪い取ろうと目論んでいる」

 このようにつづり、クレーコートでの戦いぶりは上向いていると評している。

「ニシコリの両サイドに散らばらせる方向転換は、試合を支配する上でのキーポイントとなるだろう。さらに、ニシコリは好調を維持するディミトロフのバックハンドを正確に捉え切ることが可能な選手だ。ニシコリにとって毎度課題となるのは、試合を通したフィジカルコンディションだ。もし、体が持ち堪えることができれば、ディミトロフから勝利をテイクアウトできるだろう」

 記事ではフィジカル面が課題になるとし、それさえクリアできれば、十分に勝つことができると予測している。錦織にとっては全仏オープンを前に少しでも勢いをつけたいところ。注目の一戦は日本時間16日19時以降に行われる。

THE ANSWER編集部

最終更新:5/16(水) 12:18
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。