ここから本文です

皇太子の眞子さま説得と、小室圭さん「修士論文」の中身【先出し全文】

5/16(水) 16:00配信 有料

文春オンライン

皇太子の眞子さま説得と、小室圭さん「修士論文」の中身【先出し全文】

小室さん

「日本は海外からの投資に閉鎖的だ」。この3月、大学院を修了した小室さんが書いた論文には、日本の風土に対する複雑な思いが滲んでいた。一方、眞子さまの説得には、遂に皇太子が乗り出したという。若いカップルの今後に予期せぬ展開が起こりつつあるようだ。

◆ ◆ ◆

 皇居からほど近い千代田区一ツ橋に聳え立つ、23階建ての高層ビル。最上階からは緑豊かな皇居を一望することができる。

 一橋大学大学院国際企業戦略研究科は、このビルの中にある。仕事を終えた社会人が通う、夜間コース専門の大学院だ。

 小室圭さん(26)は2016年からここの経営法務コースに通い、今年3月に修士課程を修了した。

 小室さんの同期生が語る。

「社会人大学院なので30代~40代の学生が多く、夜間ということもありキャンパス内は静かです。

 経営法務コースでは、一流の講師陣のもと、『企業課税の仕組み』や、『M&Aについての法律』といった授業を受けます。学生の中には大企業の経営企画に関わる人もいますが、一方で転職を繰り返し“自分探し”のために来ている学生が多いのも事実です……」 本文:3,903文字 写真:6枚 ...

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

「週刊文春」編集部

最終更新:5/16(水) 16:00
記事提供期間:2018/5/16(水)~2019/1/12(土)
文春オンライン