ここから本文です

【立ち会い出産をより感動的にするポイント#1】助産師さんからのアドバイス

5/17(木) 14:00配信

たまひよONLINE

立ち会い出産するかどうかを決めるには、夫婦でよく話し合うことが大切。メリット・デメリットを知った上で、自分たちの理想のお産を考えましょう。ぜひパパと一緒に読んでみてください。今回は助産師さんのアドバイス、次回は父親学級主催者からのアドバイスをお届けします。

立ち会い出産のメリット・デメリット

立ち会い出産のメリット・デメリットを助産師さんに伺いました。先輩ママ&パパのコメントも参考にしてください。

■立ち会い出産のメリット

「ママが安心でき、医療処置率が低い、母乳育児率も高いなど医学的なメリットがある」

「誕生の瞬間に立ち会うことで、パパとしての自覚の芽生えが早い傾向がある」

<h3■>立ち会い出産のデメリット</h3>
「パパの言動によってママがイライラし、小さな失敗がそのあとに響くことがある」

「痛がる妻や血などを見ることで、パパのトラウマになることがまれにある」

■先輩ママ&パパの「立ち会いをしてよかった!」コメント

「血が苦手で立ち会おうか悩んでいたパパが、立ち会ったら産後優しくなって、家事を頑張って手伝おうとしてくれる」(ママ)

「父親の自覚を持ってくれて、大変さを理解し、いたわってくれた」(ママ)

「妻が苦しんでいるところを見たくなかったが、いったん決めたら全力で支えて、一緒に頑張った」(パパ)

「生まれた赤ちゃんの体重や身長を測っているとき、その解説をうれしそうに聞いていて、パパの自覚がすぐ持てたみたい」(ママ)

「1人で痛みを耐えるより、2人のほうが安心して挑めた。出産の感動を共有できた」(ママ)

「一生に一度のことを、家族で体験できて幸せだった」(ママ)

「妻は女として見られなくなると心配していたが、そんなことはあり得ない」(パパ)

「ダンナがこんなに優しいとは思わなかった」(ママ)

■先輩ママ&パパの「立ち会いをしなきゃよかった」コメント

「助産師さんの提案で出産を鏡ごしに見ることになり、頭側で見ていた主人にもすべて見られてしまって予想外…。立ち会いの前から『女として見られなくなるかも』と心配していたのに」(ママ)

「出産ですべてをさらけ出してしまったので、パパにキュンキュンしなくなってしまった」(ママ)

「取り乱してめちゃくちゃ絶叫していたので、その姿を見られてしまった…」(ママ)

1/3ページ

最終更新:5/17(木) 14:00
たまひよONLINE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

たまごクラブ

株式会社ベネッセコーポレーション

毎月15日発売

妊娠・出産に戸惑うママたちの気がかりを解消し、毎月の妊娠生活を強力サポート。