ここから本文です

給与差し押さえ"裁判所は元妻の言いなり"

5/17(木) 8:45配信

プレジデントオンライン

恋愛、結婚、離婚、再婚、婚活、不倫……。世は変われども、男と女のいさかいが尽きることはありません。行政書士で男女問題研究家の露木幸彦氏のもとには、そんな泥沼状態を抜け出そうと、毎日多くの相談者がやってきます。その痛切なトラブルエピソードを、ぜひ他山の石としてもらえればと思います。

【図表】元妻と交わした「子1人あたり毎月4万円」の公正証書の文面

第7回のテーマは養育費を巡る元夫婦の大攻防戦です。9年前に離婚した元夫(46)は、元妻(40)に対し、長女(19)と長男(16)の養育費を欠かさず払ってきました。長女が高校を卒業し、社会人となり、独立したタイミングで長女分の養育費は終わったかと思いきや、さにあらず。元妻は元夫の給与の差押を裁判所に申し立てたのです――。

■9年間で864万円の養育費をきちんと払った元夫の「悲劇」

 春の入園・入学・入社シーズン。人生の節目を迎えたわが子の晴れ姿に感慨を抱くのは結婚している「夫婦」だけではありません。離婚した「元夫婦」も同じです。特に、子供と離れ、毎月の養育費を払いながら、誕生日にプレゼントを贈ってきたような親にとって、その喜びはひとしおでしょう。別離した子供がまた一段、大人の階段を上ったのですから。

 しかし、そんな感慨に浸る一方で、苦い思いをする親もいます。

<家族構成と登場人物、属性(すべて仮名。年齢は現在)>
元夫:宇野達也さん(46歳)→会社員(年収600万円)☆今回の相談者
元妻:田中明子(40歳)→パートタイマー(年収100万円)
長女:田中優愛(19歳)→会社員(年収300万円)
長男:田中湊(16歳)→高校生

 今回の相談者・宇野達也さん(仮名・46歳)が妻と離婚したのは9年前のことでした。昨年3月、長女が高校を卒業し、地元の会社に就職しました。同時にひとり暮らしを始め、達也さんはホッと胸をなでおろしました。もう元妻に「送金」しなくて済むからです。

 ▼子1人あたり毎月4万円を支払うことを公正証書で約束

 離婚当時、長女は10歳、長男は7歳。その親権を妻が持ち、達也さんが子1人あたり毎月4万円を支払うことを約束しました。それを「離婚給付契約」として公正証書に残しました。

1/3ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

プレジデントオンラインの前後の記事